【実は重要】ボール選びでスコアアップ

1222-1

ゴルフを楽しむうえで、欠かせないのがゴルフボール、
皆さんはゴルフボールを選ぶときどのように選んでいますか?

「ゴルフボールなんて何でも良くない?」
という人が結構いるのですが、
それは大きな間違いです。

実は、
自分に合っていないボールを使っていると飛ばないし、
曲がりの原因になってしまうんです。

ボールはクラブに比べて軽く見られがちですが、
実は、クラブと同じくらい重要なんです。

では、沢山ある種類の中から、
どのようにして自分に会ったクラブを選べばよいのでしょうか?

今回はその方法をお伝えします。

ボールの種類が多い理由

ゴルフボールの種類が多いのにも
ちゃんとした理由があります。

それは、
ヘッドスピードやスイングが異なると同じボールでも
効果や効能が大きく変わってしまうからです。

ゴルフは、性別はもちろん、
非力な人から筋肉ムキムキな人まで
誰でも楽しめるスポーツです。

クラブにもスペックや種類があるように
ボールも対象のゴルファーに合わせて
最適なパフォーマンスが出るように
開発されているから種類が多いんです。

ボールのタイプは2種類

ボールのタイプは大きく分けて、
“スピン系”と呼ばれるタイプと
“ディスタンス系”と呼ばれるタイプの
2種類があります。

両方ともその名前の通り、
スピンがかかりやすいタイプと
ディスタンス、つまり距離が出しやすいタイプになります。

スピン量と一口に言っても、
多すぎると空中で浮きあがる力が、
大きくなり過ぎて飛距離をロスしてしまいますし、

少なすぎると逆に浮き上がる力が減ってしまい、
早く落下してしまったり、
グリーンに落ちた時に止まりづらくなってしまいます。

なので、このバランスが
とても大切になってきます。

ゴルファーのほとんどは、
飛んだ方が良いと考えている人が多いので、
ついディスタンス系を選んでしまいがちですが、

ディスタンス系はスピンがかかりづらいボールが多く、
これを使うと、逆に飛ばなくなってしまう
ゴルファーも結構います。

だからこそボール選びは
ちゃんと自分にあったボールを使わないとダメなんです!

自分にあったボールを見極めるコツ

では、肝心の自分にあったボールは、
どのように探したらいいかをお話しします。

ヘッドスピードに見合ったボールを選ぶ

まず注目してほしいのは、
あなたのヘッドスピードです。

ボールにはそれぞれ、
推奨ヘッドスピードというものが必ずあり、
その範囲のゴルファーが使うと
性能が発揮しやすくなります。

ヘッドスピードが凄く速いのに、
女性向けや、シニア向けのボールを使うと
ボール本来の性能が発揮されず、スピンが増えすぎたり、
曲がりが大きくなったりします。

この適正ヘッドスピードは
ボールの箱に書いてあるのでチェックしてみてください!

自分の球筋に合わせてボールを選ぶ

次にボール選びで大切なのが、
自分が打つ球質に合わせてボールを選ぶことです。

スライス系のゴルファーは
スピンが多めの人が多いので、
スライス系の人がスピン系を選んでしまうと
スピンがかかり過ぎてしまいます。

逆にフック系のゴルファーは、
スピンが少ない方が多いので、
ディスタンス系を選んでしまうと
スピンが少なすぎて、早く落下してしまい
飛ばなくなる人もいます。

なので、スライス系の人はディスタンス系、
フック系の方はスピン系を基本にボールを選ぶと
飛距離が得やすくなります。

自分のスイングや、ショットの特徴をしっかり把握して、
是非、自分にピッタリのボールを探してみてくださいね!

【ゴルフクラブ】初心者にオススメのクラブメーカー

1201-2

初心者ゴルファーの人から、

「ゴルフクラブを買いたいけど、
どのメーカーを買えばいいの?」

という声をよく聞きます。

そこで今回は、
初心者にオススメのゴルフクラブメーカーや
ブランドについてお伝えしたいと思います。

とにかく手軽にクラブセットを買い揃えたい!

「色々考てクラブを買うにしてもよくわからない」
「とにかくマイクラブが欲しい」という人には、
クラブセットがオススメです。

初心者の男性は「ナイキ」、
女性なら「キャロウェイ」のクラブセットがいいかと思います。

どちらのメイカーも
ドライバーやフェアウェイウッド、アイアン、ウェッジ、パターと
一通り揃っています。

しかも、クラブのヘッドが大き目なので、
ボールに当てやすいですし、
多少のミスならクラブがカバーしてくれます。

初心者の方でも使いやすいクラブです。

自分でクラブを揃えたい

セットではなく自分でクラブを選びたい
という人もいると思います。

ここでからはそれぞれのクラブごとの
オススメを紹介していきます。

ドライバー、フェアウェイウッド

ドライバーやフェアウェイウッドは
基本的にはできるだけ遠くに飛ばすクラブになるのですが、
初めのうちはなかなかボールを
きれいに打つことができません。

そうしたミスをできるだけクラブ側でカバーして、
安定して打てるクラブがいいと思います。

男性であれば「PING(ピン)」、女性であれば
タイトリストの「VG3」というブランドや
ダンロップの「XXIO(ゼクシオ)」というブランドがオススメです。

単純にヘッドが大きいのでボールに当てやすいほか、
スイートスポットと呼ばれる
いわゆる「芯」を広めにすることで、

ど真ん中に当たらなくても、
できるだけボールが曲がらずに
まっすぐ飛ぶような工夫がされています。

男性で、先々を考えて少し難しくても、
より遠くに飛ばせるものが欲しいという方には、
キャロウェイの「ビッグバーサ」というブランドや
「ヤマハ」のゴルフクラブがオススメです。

「PING」に比べるとミスしたときの影響は大きいですが、
「芯」で捉えることができると、
他のクラブよりもよく飛ぶような工夫がされています。

初心者にオススメのアイアン

アイアンは、基本的にはできるだけ狙った場所に
ボールを飛ばす役割を果たします。

初心者の方には、
できるだけ安定して飛ばせる、安心して打てる
ヘッドの大きなものがオススメとなります。

例えば男性であれば、
ダンロップの「XXIO(ゼクシオ)」や
キャロウェイの「XHOT(エックスホット)」といったブランド、
および「ナイキ」のアイアンなどになります。

女性であればダンロップの「XXIO(ゼクシオ)」や
ヨネックスの「フィオーレ」などが該当します。

一方で、特に男性だと上達してくると
状況に応じてボールを高く打ちたい/低く打ちたい、
あるいは少し右/左にボールを曲げたいなど、
自分で意図したボールを打ちたいと思うようになってきます。

それを見越して、最初からある程度
中~上級者向けのゴルフクラブに慣れておきたいという方には、
「マッスルバック」という比較的ヘッドが小さいアイアンに
挑戦するという選択肢があります。

代表的なものとしては、
ミズノの「MP」というブランドがあります。

ウェッジはどうしたらいい

アイアンをアイアンセットとして購入した場合、
通常ピッチングウェッジ(PW)までは付いているので、
同じブランドのサンドウェッジ(SW)を買い足すのが無難です。

ただ、ウェッジにもこだわりたいという方には、
「クリーブランド」や「フォーティーン」など、
ウェッジで人気の高いメーカーがありますので、
こちらに挑戦してみてもよいと思います。

いかがだったでしょうか?

ゴルフを始めると、やはり、
マイクラブは欲しくなると思いますので、
是非参考にして、自分好みのマイクラブを
手にしてみてくださいね。

【まずはここ!】ゴルフ上達のために持つべきあなたの目標は?

fb133f3428f4f8053e4e116bacbdcab3_s

あなたの今のスコアはどれくらいですか?

まだまだこれからという方も
ゴルフは、何か目標を持ちながら取り組むことで
飛躍的に上達していくことができます。

そのため、ゴルフはうまくなりたいけど、
特に目標を決めていないという方は、
何か具体的な目標を持つことをおすすめいたします。

それでは、ゴルフでは、
一般的にどんなところを目標にする人が多いのか
本日はお伝えしていきます。

100切り

まず、多くの方が最初に目標にされるのが
「100切り」です。

ゴルフは、1ホール、
パー3~5で設定されています。

そのため、全18ホール周った場合、
だいたいパー71~72くらいになります。

スコア100を切るには、
だいたい1ホール5打~6打くらいで
上がれるくらいの腕が求められます。

100切りできる腕があれば、
一般的には、「ゴルフがうまい」といえるので、
知らない人とラウンドしても問題なく周れるでしょう。

90切り

あなたはゴルフ場で他の組の人がプレイしているのを見て、
「うまい!」と思うときがありませんか?

周りのアマチュアゴルファーが見ても
そう思われるレベルがスコア90を切れる人です。

スコア90を切るには、だいたいどのコースも
ボギー以下で回れる実力は必要になります。

シングル

ゴルフでは、ハンディキャップが存在します。

先ほどもお伝えした全18ホールで
パー71~72というのは、一般的なプロであれば、
それくらいのスコアで回れるといったものです。

それと比べて、どれくらいのハンディが
必要かというものがハンディです。

例えば、スコア100を切る人であれば、
ハンディは25~30くらいに設定されます。

シングルというのは、
このハンディを一桁台、
つまり、1~9の人を指します。

このレベルにあれば、
もはやトップアマチュアといっていいレベルでしょう。

ハンディなし

そして、さらに上のレベルとしては、
ハンディなしというものもあります。

先ほどもお伝えしたとおり、ゴルフのパーは、
「プロならこれくらいで周れる」
ということを基準に設定されています。

そのため、ハンディなしというのは、
プロレベルの腕前があるということになります。

もし、ハンディなしで周れるのであれば、
今すぐにでもプロテストを受けた方がいいレベルです。

エイジシュート

さらに、難しい目標としては、
「エイジシュート」という考え方も存在します。

エイジシュートは自分の年齢以下の
スコアで回ることをいいます。

つまり、50歳の人であれば、50以下、
60歳の人であれば、60以下ということになります。

ただ、全コースパーで周ったとしても
71~72ということを考えると、
これがいかに難しいことかお解かりでしょう。

そして、エイジシュートは、
プレーヤーの年齢が若ければ若いほど
達成が難しいといえます。

しかし、そんなエイジシュートを
達成した人もいます。

まずは、“ジャンボ”こと、
尾崎将司プロです。

ジャンボは、2013年66歳のときに、
JGTOの舞台で62というスコアでホールアウトし、
見事エイジシュートを達成しています。

また、同じく、シニアでは、
青木功氏、杉原輝雄氏が
エイジシュートを達成しています。

ただ、アマチュアには、
もっとすごい方がいます。

現在92歳の植杉乾蔵さんは、
これまでに1311回もエイジシュートを記録しているのです!

たった1回でも「偉業」といえるエイジシュートを
1000回以上も達成している植杉さんは、
まさに達人と呼ぶのにふさわしいでしょう。

さて、いかがでしたでしょうか?

シングルやハンディなし、
そしてエイジシュートと果てしない目標もお伝えいたしましたが、
まだ目標を決めていない方は、
まずは、100を切れるところを目指してもらえればと思います。

目標を決めることで、それに向かって
楽しくプレイすることもできるようになるので、
ぜひ、がんばっていきましょう!

【コースデビュー】初心者ゴルファーにはフォローが大事

mk-20160602-1

最近2つのグループで、
初心者の方とラウンドをする機会が
立て続けにありました。

2人ともショット、パットとも
ままならないといった感じでスタートしました。

ただこの2人を見ていて気がついたことがあります。

それは、片方は18Rの中で上達し、
片方はそこまで上達しなかったことです。

上達した子の方に運動神経やセンスがあったなら、
何の不思議もないのですが、

私が見た限り、運動神経やセンスは上達しなかった子の方が、
あったと感じています。

ではなぜ片方は上達し、
片方は上達しなかったのでしょうか?

違うのは時間帯と
ラウンドしたメンバーが違ったぐらいで、
コースも同じコースでした。

上達しなかった子は昼にラウンドし
極端に遅れている訳でもないのに、
懸命に走って打ってまた走るを繰り返していました。

同伴していた競技者も会社の先輩で、
「早く打て」「走って移動しろ」と
矢継ぎ早に追い立てている感じでした。

これは初心者ゴルファーの良くある風景です。

当然、後半はクタクタ状態で、
まともにスイングできない状態で、
ラウンドを終えました。

正直、
とてもゴルフを楽しめたとは思えない感じでした。

一方、上達した子の方は、
同伴者が初心者がいることを考慮し、
後ろがいない一番最後にスタートしました。

ミスを連発しても、後ろがいないので、
同伴者も「大して遅れてないからゆっくりでいいよ」
と和やかな雰囲気でラウンドという感じでした。

終始、楽しい雰囲気で回り
後半には、そこそこ打てるようになり、
ミラクルショットも出していました。

この2人の上達の違いは、
同伴者の過去の経験の違いに
あったと思います。

日本のゴルフ場は、初心者や技術が劣るプレイヤーに
厳しい印象があります。

初心者ゴルファーのプレーが遅れようものなら、
赤の他人に怒鳴られたりすることも少なくなく、
中には故意に打ちこんできたりする不届きな人もいます。

そういったことをされた経験があるゴルフプレイヤーは、
同伴の初心者を、自身の経験から急かしてしまうことがあります。

しかし、上達した子のいるグループのように
初心者ゴルファーがもっと手軽にプレーできる環境を作っていかないと、
日本のゴルフは盛り上がりません。

終始楽しい雰囲気で上達した子は、
これからもゴルフを続けていくと思いますが、

上達しなかった子の方は、
ゴルフに対して楽しいというイメージが持てず
ゴルフをやめてしまう可能性もあると思います。

しかし、最初に述べたように、
上達しなかった子の風景は、
初心者ゴルファーの良くある風景なんです。

これではゴルフ人口は増えていきません・・・

ゴルフ初心者の方のコースデビューや
技術が劣るプレイヤーの方を見かけたら、
皆さん寛大な心で見守ってあげてくださいね。

【リオ五輪】五輪の裏側と真実

a0011_000268

先日の記事でも伝えたとおり、
112年ぶりにオリンピックの舞台に戻ってきたゴルフは、
男子がイギリスのジャスティン・ローズ、
女子が韓国の朴仁妃の優勝で幕を閉じた。

では、このオリンピックでの優勝、
世界ランキングにはどれくらい影響するのか。

4年に1回しか開催されないオリンピックの価値を考えると、
かなりの高ポイントを予想する方もいるかもしれない。

しかし、その実、
その扱いはかなり低い。

他の大会と比べると、
その扱いがいかに低いかがよくわかる。

例えば、「全英リコー女子オープン」は、
優勝者に98.15ポイントという高いポイントを与えている。

また、「全米女子オープン」も同じく、
97.84ポイントという高いポイントが設定されている。

しかし、オリンピックで振り分けられるポイントは、
わずか「25.54」ポイント。

オリンピックの希少性を考えると、
あまりにも低い印象を受ける。

そのため、オリンピックで好成績を収めた選手の
順位の変動を見ると、わずかしか影響がないのがわかる。

優勝した朴仁妃は、5位から4位へと、
順位が1つしか変わっていないし、
五輪では4位に入った日本の野村敏京も
22位から21位と、1つしか順位が変わっていない。

そして、途中棄権したタイのアリヤ・ジュタヌガンは、
順位変わらず2位のままだ。

今回の五輪では、
世界ランク1位のジェイソン・デイを筆頭に、
2位のダスティン・ジョンソン、3位のジョーダン・スピース、
4位のロリー・マキロイまで、
世界のトッププロの出場辞退が相次いだ。

また、日本の“エース”と期待されていた
松山英樹も出場辞退している。

彼らの辞退理由は、ブラジルで蚊を媒介とする
ジカ熱が流行していること、
そして、治安の悪さということだが、
本音ではどうなのだろうか?

これだけ世界のトップ選手の辞退が相次ぐと、
あまり考えたくないが、
前述した五輪のポイントの低さも
理由としてはあるのではないかと勘ぐりたくなる。

つまり、五輪に出場したとしても、
あまり“うまみ”がないという
計算があったのではないかと・・・

ただ、彼ら世界のトッププロには、
世界ランクを争う他に、
もう一つ忘れてはいけない使命がある。

それは、ゴルフの普及だ。

日本では、ゴルフは凋落傾向にあるが、
世界的に見ても、中国やインドを除いて、
現在は、ゴルフ熱が高いとはいえない。

世界的にゴルフ人口を増やしていくためにも、
こういったスーパースターが激しい優勝争いを繰り広げたり、
トッププレイヤーだからこそできるスーパープレイこそ、
その裾野を増やしていくためには必要なのではないだろうか。

そういった意味では、
普段はそのスポーツを視聴しない層にも
目にしてもらえる機会が増やせる五輪といった機会を
活かせなかったのは残念に他ならない。

やはり、112年ぶりの復活となったばかりということもあり、
現状としては、まだゴルフにおいての
オリンピックの重要性は低いのが現状だ。

ただ、リオ五輪で7位に終わったレクシー・トンプソンは、
このような話をしている。

「五輪競技者としてあのティに立つ。ほかの何ものにも代えられないこと」

4年に一度、世界中の注目を浴びるなかで
国を代表して戦う。

やはり、あの場に立った者には、
あの場でしか味わえない感動があるのだろう。

さらに、トンプソンは、
このようにも語っている。

「個人的には、オリンピックはどのメジャーよりも上にあると思う。
メジャーは年間5試合あるけど、オリンピックは4年に一度だけ。
しかも、ゴルフが五輪競技になるのは、
1904年以来のことだし金メダルとでは比較できない」

ぜひ、今回出場を辞退したトップ選手には、
このトンプソンの言葉の真意を理解してほしいところだ。

そして、次回2020年の東京五輪では、
本当の意味で、世界のトップの選手が
世界一をかけて戦う姿が見れることを期待する。

【リオ五輪】野村プロ歴史に残る猛チャージ!メダルの行方は・・・!?

gahag-0107117308-1

17日間に渡って、世界中を熱狂させてくれた
リオ五輪もついに閉幕しました。

今回の五輪は、日本勢としては、
41個と過去最高のメダル獲得数を記録し、
非常に記憶に残るオリンピックとなりました。

競泳では、4×200mリレーで2大会連続の銅メダル、
体操では、内村航平選手が個人、団体の二冠を達成、
卓球では、男女とも団体でメダルを獲得、
テニスでは、錦織圭選手が“ビッグ4”の一角、
スペインのナダルを破り、史上初のメダルを獲得、

そして、陸上では、4×100mリレーで日本勢が
ボルト率いるジャマイカに続き、
銀メダルを獲得することができました!

まさに、どの競技をとっても
アツい戦いが繰り広げられたリオ五輪ですが、

やっぱり私のなかでは、
女子ゴルフが最も印象深く残っています。

3日目まで終わり、日本勢は、
野村敏京プロが3アンダーの15位タイ、
大山志保プロが5オーバーの4タイにつけていました。

今大会、弱冠19歳ながら、
世界ランク1位のリディア・コー、
ゴルフ大国韓国のエース朴仁妃ら、
世界のトッププロが集結した今大会。

やはり、世界との壁は厚いのか、
この日までは、そんな空気が流れていました。

しかし、最終日、
そんな空気を一変させてくれたのが、
野村プロの猛チャージでした。

この日、スタートの時点では、
メダル圏内である3位とは6打差と、
かなり厳しい位置につけていました。

しかし、14番までに3バーディを奪って一気に通算6アンダーとすると、
15番で1.2mを沈めて7アンダーへ。

続く16番は3Wでグリーン手前のフェアウェイに運ぶと、
アプローチを2m弱につけて連続バーディ。

ここで、コーがスコアを落として、
一気に、3位タイまで順位をあげました。

このままいけば・・・!

誰しもそう思いながら見守っているなかで、
最終18番見事バーディフィニッシュ。

ここで単独3位にあがり、
後続の選手を待つことに。

まず迫ってきたのは、アメリカのステーシー・ルイス。

16番、17番と連続バーディを奪い、
最終18番でも4.5mのバーディチャンスを作る。

これを決めたら野村プロがメダル圏内から
脱落してしまうところでしたが、
決めきれず、3位タイに。

このとき野村プロは、
「1打、足りないんじゃないかな」
と思ったとのことでした。

しかし、この予感は的中してしまうのです・・・

16番でコーでがバーディを奪い単独3位に浮上。

また、中国のフォン・シャンシャンも追い上げを見せ、
コーと並び、3位に浮上しました。

結局、優勝は、
2日目から1位につけた韓国の朴仁妃、
2位にリディア・コー、
3位に中国のフォンが入りました。

野村プロは、あと1打。

たった1打足りず、
おしくも銅メダルを逃すことに・・・

メダル獲得はならなかったものの、
途中までのものすごい追い上げ、
そしてあの高揚感は、日本のゴルフファンには、
忘れられないものになったことでしょう。

ただ、日本のプロでも
世界に十分通用することは証明してくれましたし、
この悔しさは、4年後の地元東京にとっておきましょう!

今大会112年ぶりの五輪種目への復帰を果たしたゴルフ、
次回2020年の東京五輪でも、
間違いなく大きな盛り上がりを見せてくれることでしょう!

【なぜだ~】コースに出るとトップや空振りをしてしまう理由

straight-golf-shot

ゴルフを始めようと思ったとき、
いきなりコースデビューからはじめる人は、
ほとんどいないと思います。

まずは、打ちっ放しで練習をして、
ある程度打てるようになってから、
コースデビューをすると思います。

しかし、練習ではしっかり打てていても、
いざ、コースデビューすると、
空振りやトップばかりで、

「なぜだ~」という経験をしている人は、
ほとんどではないでしょうか?

そして、コースでダメだったから
打ちっ放しに練習に行くと、しっかり打てる。

その現象が起きる理由をお伝えいたします。

コースで空振りやトップをしてしまう理由

まず、理解して欲しいのは、
「打ちっ放しとコースは全くの別物である」
という事です。

その違いが、空振りやトップをしてしまう
原因となっていることがほとんどです。

1.コースでは同じ場所から打つことがない

打ちっ放しは、毎回同じ場所から打ちますが、
コースでは、同じ場所から打つということはありません。

コースでは、毎回景色も違えば足場も違います。

特に足場がしっかりしていない場合は、
スイングが安定せず、上体が起き上がってしまったりして、
空振りやトップになってしまうことが多いです。

2.順番待ちの人がいる

打ちっ放しは、お金を払いスペースを借りるので、
回りを気にすることなく自分のペースで打つことができます。

しかし、コースでは常にスロープレーにならないように
時間を気にしなくてはいけませんし、
同伴者の人を待たせないようにプレーします。

同伴者だけならまだいいです。
他のグループがすぐ後ろにいることもあります。

そうなると、スロープレーになっているわけでもないし、
大して焦る必要もない場面でも、後続を気にするあまり、
打ち急いでしまうケースが良くあります。

その結果、前のめりで打ってしまい、
空振りやトップをしてさらに焦るという、
悪循環になってミスを繰り返してしまいます。

3.コースには芝生がある

打ちっ放しには、マットが敷いてありますが、
とても地面が硬く、手前を叩いてしまうと、
とても手が痛いです。

そのため、打ちっ放しでは無意識に、
ボールにピンポイントで当てて打ってしまいます。

しかし、コースには芝が生えています。
フェアウェイならそこまで長くないですが、
ラフではボールが完全に埋まるぐらいの長さの場所もあります。

そこで打ちっぱなしと同じように、
ボールをピンポイントで捕らえようとしても、
ボールは芝に沈んでいるため、どうしても、
ボールの頭の方をスイングすることになります。

結果として、空振りやトップを引き起こしてしまうんです。

では、これらの状況の中、
どうすれば空振りやトップを起こさずに
ゴルフを楽しむことができるのでしょうか?

空振りやトップを減らすためには

先程もお伝えしましたが、

まず、理解して欲しいのは、
「打ちっ放しとコースは全くの別物である」
という事です。

では、それぞれの改善方法をお伝えいたします。

1.足場がしっかりしていない場合

足場がしっかりしていないところでは、
しっかりと足場を確認し、素振りを繰り返し、
フルスイングは極力避けて、ミートに重点をおきましょう。

あとは、バランス感覚を養い、
体勢が崩れていてもしっかりとスイングできるよう
足腰を鍛えていきましょう。

2.回りを気にして打ち急いでしまう

何度かコースでプレーを重ねていくと気がつくことなんですが、
前のグループに初心者さんがいて、多少待たされる事になっても、
私のグループには誰もそこまで気にしている人はいませんでしたし、

ゴルフをプレーしている人は、紳士な人が多いので、
多少待たされたとしても、あなたが思っているほど、
気にはしていないんです。

だからと言って、何回も何回も素振りして、
1打に時間をかけて良い訳ではありませんが、

待っている人がいても、
普通に素振りして、普通に打つ分には誰も文句は言いません。

なので、変に焦ってプレーする必要は全くありません。

3.打ちっ放しと同じスイングをすると空振りやトップをする

この理由が一番多い理由だと私は思っているのですが、
まず、ゴルフで絶対に避けたいのが空振りですよね。

ボールが全く前に飛ばないので、
いつまでたってもホールアウトできません。

空振りよりは、トップやザックリ(手前を叩いて地面を削ること)の方が、
前に飛ぶだけマシです。

そう考えると、空振りの可能性があるトップより、
ザックリになる方がいいですよね。

そう考えると、より地面を打つことができると思います。

しかし、ここで問題になってくるのは、
打ちっぱなしで手前を叩いたときにくる
手の痛みへの恐怖だと思いますが、
ここが、打ちっ放しとコースの大きな違いになります。

打ちっ放しはマットの下がコンクリートですが、
コースは芝の下は土なんです。

そう、手の痛みは、打ちっ放しとは違い、
そこまでありません。

しかも、テレビで見るプロゴルファーのショットを良く見ると、
ボールを打った時に、芝も一緒に飛んでるではないですか!!

少なからず芝も一緒に打たないと、
しっかりしたショットは、実は打てないんです。

打ちっぱなしで練習しているボールだけを、
ピンポイントで打つ練習こそが、
空振りやトップを生む原因だったんです。

そこまでわかれば、後は簡単です。

ザックリを恐れず、ザックリを打つつもりで打つことで、
トップや空振りが減るだけでなく、
しっかりした練習通りもショットが打てるんです。

私もそれに気がつくまでは、
コースでミスしては、打ちっ放しで練習を繰り返しても、
全く改善されない日々が続きました。

それに気がついてからは、空振りやトップは激減し、
スコアーも大きく縮めることができたんです。

空振りやトップが多いなと感じる方は、
参考にしてみてはいかがでしょうか?

【キャディさんに聞いた】ゴルフ場の狙い目の時間帯はここ!

golf_green

先日とあるゴルフ場でキャディーをされている方と
お会いする機会がありました。

そこでは、ゴルフ場の裏側から、
上達の早いお客さんの特徴、
初心者がつまづきがちなポイントなど、
色々と興味深いお話を聞くことができました。

そちらについては、また後日、
書いていきたいと思いますのでお楽しみに!

さて、本日は、
そんなキャディーの方とのお話のなかから、
「ゴルフ場の狙い目の時間帯」について
お伝えしていきます!

ゴルフ場の狙い目の時間帯は?

一般的にゴルフ場では、
最初の組は、朝8時くらいからスタートして、
最終組は、お昼過ぎくらいにスタート
というところが多いです。

今回お話させていただいたキャディーの方の
ゴルフ場でも最初の組が8時からで、
最終組は14時からということでした。

では、このゴルフ場を例にした場合、
この8時~14時のなかで、
狙い目の時間はどこなのでしょうか?

初心者の場合

オススメの時間帯:14時~(最終組)

初心者の場合、やはり経験のある方よりも
プレーに時間がかかります。

また、後ろからすぐに次の組が迫ってきていて
心理的な圧迫もあるでしょう。

そうすると、時間や後ろの組を気にせずにプレーできる
最終組がおすすめです。

最終組であれば、練習感覚で
自分のスイングを確認しながら進むこともできるので、
上達も早いといえるでしょう。

ただし、ゴルフ場の方に、
あなたのプレーが終わるまで待ってもらう形となるため、
フルでラウンドするよりもハーフで
ラウンドすることをおすすめします。

ハーフであれば、通常2時間半程度でラウンドできるので、
遅くとも日のある夕方ごろには、
ホールアウトすることができるでしょう。

ゆっくり打ちたい方の場合

オススメの時間帯:14時~(最終組)

こちらも時間を気にせずにプレーできる
最終組がおすすめです。

最終組であれば、周りを気にすることなく、
自分のペースでゆっくりラウンドすることができます。

ただし、先ほどと同じく、
ゴルフ場の営業もあるので、
この時間からスタートする場合は、
ハーフコースでプレーする方が無難です。

サクサク打ちたい方の場合

オススメの時間帯:8時~(第1組)

今度は反対にサクサクと
プレーしていきたい方の場合です。

打つのが早い方の場合は、
どんどん次のコースに進みたいのに、
次の組がなかなか上がらずに、
イライラしてしまうこともあると思います。

そんなときは、前に別の組がいない
朝方の時間帯がおすすめです。

前に誰もいなければ自分のペースで
ポンポン打つことができるので、
今までに体感したことがないテンポで
爽快にラウンドすることもできるでしょう。

涼しいなかでプレイしたい場合(夏場)

オススメの時間帯:8時~(第1組)

夏場のゴルフは暑さとの戦いです。

こまめに水分補給や暑さ対策をしておかないと
熱中症にかかってしまい、
ゴルフどころではなくなってしまいます。

そんな暑さが気になる方は、
朝イチのラウンドがおすすめです。

ゴルフ場のある山の中や森の中は、
朝はひんやりとしたした空気で
気持ちよくプレーすることができます。

これが病み付きで「朝ゴルフ」にハマる人もいるくらいなので、
一度体験されることをおすすめいたします。

明るいなかでプレイしたい場合(冬場)

オススメの時間帯:9時~12時

冬場は、日が短く、
プレーできる時間が夏場よりも
グッと限られます。

夕方の17時、18時になると、
もうすでに真っ暗でボールが見えないなんてことも
よくあることです。

また、真っ暗でなくても、
朝方の8時くらいまでは朝日がまぶしく、
夕方の16時頃には夕日がまぶしく感じられます。

そのため、明るいうちにプレーしたいなら
9時~12時の間のスタートをおすすめします。

通常ゴルフはフルで5時間程度で回れますから、
12時スタートであれば、真っ暗になるまでには
ホールアウトできると思います。

こちらもそれまでにすべて回る自信がない人は、
無難にハーフコースにしておきましょう。

さて、いかがでしたでしょうか?

あなたに合いそうな時間帯はありましたか?

やはり、ゴルフはメンタルも非常に問われるスポーツです。

集中してプレーしたいのであれば、
自分のプレースタイルにあった時間でプレーすることも
大切なことになってきます。

ぜひ、あなたに合った時間を見つけて、
スコアを伸ばしていってください。

【100切りを目指すあなたへ】絶対知っておきたい3つのこと

golf-alone

スコア100を切るために、
あなたは、頑張って練習をしていると思います。

確かに、練習することはとても大事なことですが、
練習の前に、知っておきたいことが3つあります。

その知っておきたいことは、
ゴルフで、スコア100を切るためには、
欠かせないものと言っても過言ではありません。

では、その3つをご紹介いたします。

1.フィジカル(身体)

下半身が安定しない。
スタミナが持たない。
そんな人には、筋トレが必要・・・

なんてことはありません。

飛距離を求めるのであれば、
それなりに筋力は必要ですが、
スコアー100を切るのに筋力は関係ありません。

必要なのはスイングが安定する
柔軟な関節と足腰の強さです。

しっかりと18ホールを自分の足で歩ききるくらいの
足腰の強さは身につけたいものです。

2.イメージ力

良いショットを打つのに欠かせないのが、
ショットのイメージです。

どんなショットを打つのかを
明確にイメージすることで、
良いショットを生み出すことができます。

どのような放物線を描いて
どこに落ちるかをイメージできないまま打つと、
狙いもアバウトになってしまいます。

しっかりとイメージしてから打つように心がけましょう

3.ゴルフの基本を身に付ける

どんなスポーツでも基本を身に付けることが上達の近道です。

ただ単に練習場に行ってクラブを振り回していても
下手に凝り固まってしまいます。

しっかりとプロの指導を受けるのが一番早いのですが、
スケジュールや経済的な問題があったりで、
なかなか難しく、ゴルフスクールにいけない人も多いかと思います。

しかし、我流ではなかなか上達できないのも事実ですので、
基本はしっかり学んで欲しいです。

レッスンに行くのが難しいのであれば、
DVDでゴルフの基本を学ぶこともできます。

お金と時間はかかってしまいますが、
しっかりとゴルフの基本を身につけることが、
一番の100切りの近道です。

いかがだったでしょうか?

ゴルフが上手いということは、
その後の人生で必ずや大きな財産となりますので、
是非参考にしてみてくださいね。

【リオ五輪】女子スタート!“珍客”にも負けず好スタート

427155cecdef6a2fc4bb12fcb0ae84f3_s

連日熱戦が続いているリオ五輪!

本日は、日本の“お家芸”女子レスリングで、
伊調馨選手、土性沙羅選手、登坂絵莉選手が
3階級で金メダルを獲得しました!

そんなパワフルなレスリングの選手に
負けていないのが女子ゴルフ!

いよいよ、昨日から
女子ゴルフ競技もスタートしました。

気になる日本人選手の初日の結果は、
野村敏京プロが、5バーディ・3ボギーの“69”で回り、
2アンダー11位タイの好位置につけています!

野村プロは、今季米国女子ツアーで
2勝を挙げているだけにひょっとしたら
メダルも狙えるかもしれませんね。

この日の野村プロのラウンドには、
“珍客”の乱入もありました(笑)

1番ホールでは、ティグラウンド付近にヘビが出現。

スタッフが捕獲し、問題はありませんでしたが、
このあとのグリーン手前からの4打目を
打つ直前には、さらなる珍客が!

なんと、野生のカピバラがコースに現れました(笑)

このカピバラはコースに生息しているもののようですが、
さすがブラジルといった感じですよね(-∀-;)

それでも平常心で初日好成績を残した
野村プロの精神力には驚かされますね!

日本からもう一人参戦している大山志保プロも
現在19位タイにつけているので、
ここからの巻き返しに期待したいと思います。

男子が世界との力の差を見せつけられただけに、
女子には、頑張ってほしいところですね!