以前の記事で、
【飛距離に関係するボールの真実】ディンプルって何?で、
「ゴルフボールの凹凸の重要性」についてお伝えいたしました。

ゴルフを楽しむうえで、欠かせないのがゴルフボールですが、
皆さんはゴルフボールを選ぶときどのように選んでいますか?

「ゴルフボールなんて何でも良くない?」
という人が結構いるのですが、
それは大きな間違いです。

実は、
自分に合っていないボールを使っていると飛ばないし、
曲がりの原因になってしまうんです。

ボールはクラブに比べて軽く見られがちですが、
実は、クラブと同じくらい重要なんです。

では、沢山ある種類の中から、
どのようにして自分に会ったクラブを選べばよいのでしょうか?

今回はその方法をお伝えします。

ボールの種類が多い理由

ゴルフボールの種類が多いのにも
ちゃんとした理由があります。

それは、
ヘッドスピードやスイングが異なると同じボールでも
効果や効能が大きく変わってしまうからです。

ゴルフは、性別はもちろん、
非力な人から筋肉ムキムキな人まで
誰でも楽しめるスポーツです。

クラブにもスペックや種類があるように
ボールも対象のゴルファーに合わせて
最適なパフォーマンスが出るように
開発されているから種類が多いんです。

ボールのタイプは2種類

ボールのタイプは大きく分けて、
“スピン系”と呼ばれるタイプと
“ディスタンス系”と呼ばれるタイプの
2種類があります。

両方ともその名前の通り、
スピンがかかりやすいタイプと
ディスタンス、つまり距離が出しやすいタイプになります。

スピン量と一口に言っても、
多すぎると空中で浮きあがる力が、
大きくなり過ぎて飛距離をロスしてしまいますし、

少なすぎると逆に浮き上がる力が減ってしまい、
早く落下してしまったり、
グリーンに落ちた時に止まりづらくなってしまいます。

なので、このバランスが
とても大切になってきます。

ゴルファーのほとんどは、
飛んだ方が良いと考えている人が多いので、
ついディスタンス系を選んでしまいがちですが、

ディスタンス系はスピンがかかりづらいボールが多く、
これを使うと、逆に飛ばなくなってしまう
ゴルファーも結構います。

だからこそボール選びは
ちゃんと自分にあったボールを使わないとダメなんです!

自分にあったボールを見極めるコツ

では、肝心の自分にあったボールは、
どのように探したらいいかをお話しします。

ヘッドスピードに見合ったボールを選ぶ

まず注目してほしいのは、
あなたのヘッドスピードです。

ボールにはそれぞれ、
推奨ヘッドスピードというものが必ずあり、
その範囲のゴルファーが使うと
性能が発揮しやすくなります。

ヘッドスピードが凄く速いのに、
女性向けや、シニア向けのボールを使うと
ボール本来の性能が発揮されず、スピンが増えすぎたり、
曲がりが大きくなったりします。

この適正ヘッドスピードは
ボールの箱に書いてあるのでチェックしてみてください!

自分の球筋に合わせてボールを選ぶ

次にボール選びで大切なのが、
自分が打つ球質に合わせてボールを選ぶことです。

スライス系のゴルファーは
スピンが多めの人が多いので、
スライス系の人がスピン系を選んでしまうと
スピンがかかり過ぎてしまいます。

逆にフック系のゴルファーは、
スピンが少ない方が多いので、
ディスタンス系を選んでしまうと
スピンが少なすぎて、早く落下してしまい
飛ばなくなる人もいます。

なので、スライス系の人はディスタンス系、
フック系の方はスピン系を基本にボールを選ぶと
飛距離が得やすくなります。

自分のスイングや、ショットの特徴をしっかり把握して、
是非、自分にピッタリのボールを探してみてくださいね!