スイングの練習をしていると、ゴルフ初心者の方は特に、
よくこんなことを疑問に思うのではないでしょうか?

「フォロースルーを意識することに意味はあるのかな?」

たしかに、一見すると、
すでにインパクトのあとのフォロースルーを意識することに、
何か意味はあるのかと思ってしまうかもしれませんね。

しかし、フォロースルーを
意識しなければいけない理由はきちんとあります。

その理由は、最初から打ち終わったあとの軌道も意識して
スイングを開始しないと、大きくスイングがブレてしまうからです。

スイングがブレてしまうと、
当然、ボールは真っすぐ飛びませんし、
スライスやフックの原因にもつながります。

あなたがきちんとフォロースイングも
意識したスイングができているかは、
簡単にチェックすることができます。

まず、あなたのスイングを思い浮かべてみてください。

あなたのスイングには、
こんな特徴はありませんか?

ボールのインサイド(体寄り)から
振り降ろしてきて、クラブが低く抜ける。

もしくは、反対に、
ボールのアウトサイドから、
振り下ろしてきて、クラブが高く抜ける。

実は、このようなスイングの特徴がある方は、
フォロースルーのことを意識できていない可能性が高いです。

というのも、打つ前のことばかりを意識しているため、
リリースが早く詰まってしまうからです。

リリースが早いとダウンスイングの際に、
腕の角度がキープできず、早く腕がほどけてしまいます。

それがボールを真っすぐ捉えられず、
インサイドやアウトサイドから
ボールを打つことに繋がってしまっているのです。

また、打ち急ぐことで腰が前に出てしまい、
腕を振る出口はどんどんなくなり、
フォームが崩れてしまっているのです。

ですから、スイングの際には、
スイングの入口のことばかり考えるのではなく、
最終的にどんな出口にたどり着くのかということも考えて
スイングしていく必要があるというわけなのです。

もし、インサイドやアウトサイドから
ボールを打ってしまっている場合は、
フォロースルーを意識したキレイなフォームを
取れていない可能性が高いので
スイングの出口についても考えてみてください。