突然ですが、小学校の理科の授業で、
『テコの原理』を習ったことを覚えていますか?

「なんとなくわかるけど、具体的にどんなんだったっけ?」

という方のために、簡単に説明すると、
栓抜きだと思っていただいてかまいません。

ビール瓶のふたはとても固くて、
素手ではとても空きませんよね?

でも栓抜きを使うことで
少ない力で簡単に空けることができます。

これは瓶に対して栓抜きを固定する位置が支点、
その支点を中心に、力点である栓抜きを握る手に力を入れると、
反対側の作用点であるふたが抜けるという仕組みです。

実は、この『テコの原理』を
ゴルフに応用すると、非常に利にかなったスイングを
することができるようになります。

テコの原理は先ほどお伝えしたとおり、
「少ない力で大きなものを動かすことができる」ものです。

つまり、テコの原理を活かしたスイングをマスターすることで、
軽く振っただけでも大きな飛距離を
生み出すことも可能になるわけなのです!

テコの原理を活かしたスイング

では、そんなテコの原理を活かしたスイングですが、
最も抑えるべきは、ずばり「グリップ」です!

なぜかというと、グリップする手こそが、
体とクラブが接する唯一の場所だからです。

つまり、この唯一クラブに接している場所が崩れてしまうと、
どんなにキレイなスイングをしていても、
結果に結びつかないということになります。

ですから、このグリップには、
特に注意していかなくてはいけないわけです。

スイングをテコの原理に置き換えると・・・?

では、その正しいグリップをお伝えする前に、
スイングをテコの原理で置き換えていきましょう。

支点は、先ほどお伝えした唯一体とクラブが接する点、
つまり手ですね。

力点は、最も大きく動かす左腕、
作用点は当然ボールを打つクラブのフェースになります。

握る手はしっかり返す

では、テコの原理で考えて、
その力を最大限活かすにはどうすればいいのかですが、
クラブを握る手はしっかり返すということが大切です。

軽くグリップを握って上下に振ってみると、
手からすっぽ抜けそうになりますよね?

これは、十分にクラブがブレずに支えるだけの
力がかかっていないということになります。

ですから、グリップをしっかり支えることが
できる強さで握る必要があります。

そのために、ただ握るだけでなく、
しっかり手を返してグリップを固めていきましょう。

少し余裕は持たせる

とはいえ、ただ強く握ればいいというものではありません。

今度は逆に思いっきり握って
振ってみてください。

手首が固まりすぎていて、
せっかくの腕の振りの力を十分に
伝えられていない感じがするはずです。

ですから、握りにある程度の余裕は
持たせる必要があります。

この2点さえ守られれば、
テコの原理でいう支点は完璧です。

あとはどれだけ強い力が生み出せるかという力点と
ボールにうまく当てるという作用点です。

ただ実は、この二つは、
今までこのゴルフログのなかでお伝えしてきた
記事のなかにその答えがあります。

どちらも力点、作用点について応用できる内容となっていますので、
ぜひ、この二つもマスターして、
テコの原理を活かしたスイングを完成させてください!

▼【飛ばしたい方必見!】ハンマー投げに学ぶ最大限に遠心力を生かしたスイング(力点)
http://golf-log.com/uncategorized/1103/
▼超シンプル!ドライバーの打ち方はこれだけ覚えればOK!(作用点)
http://golf-log.com/uncategorized/1086/

もちろん、ゴルフログでは、
今後もスコアアップのためにお役立ちいただける
記事をお届けしていきますのでお楽しみに!