初心者の人に多いのが、
次にどのクラブで打てばいいかがわからず、
クラブ選びに時間がかかってしまうという意見です。

どのクラブで打って、
どのぐらいの位置まで飛ばし、
次の打席をどう有利に進めるかも、

ゴルフの楽しみだと私は思います。

そこで、どのクラブが、
だいたいどのぐらいの飛距離がでるかを
目安としてご紹介していきたいともいます。

ドライバー

  • 1W 飛距離 約230ヤード
  • ドライバーは、
    ゴルフクラブの中で最も飛距離が出るクラブです。
    1打目のティーショットの時に使用します。

    ただ、シャフト(柄)が長いため、
    扱いにくく、スライスやチョロになってしまう
    初心者の人が多いです。

    ドライバーが使いこなせるようになると、
    一気にスコアーをちじめられるようになります。

    フェアウェイウッド

  • 2W(2番) 飛距離 約230ヤード
  • 3W(3番) 飛距離 約220ヤード
  • 5W(5番) 飛距離 約200ヤード
  • 7W(7番) 飛距離 約190ヤード
  • 9W(9番) 飛距離 約180ヤード
  • 11W(11番) 飛距離 約170ヤード
  • 13W(13番) 飛距離 約160ヤード
  • フェアウェイウッドは、
    名前の通りフェアウェイから打つクラブで、
    2番~13番まであります。

    長い距離を、
    ある程度狙って打ちたいときに
    使うクラブで、

    主に距離がある
    2打目に使うことが多いです。

    どのクラブを持っていくかは、
    コースレイアウトを見て決めていきます。

    ユーティリティ

  • 3U(3番) 飛距離 約200ヤード
  • 4U(4番) 飛距離 約180ヤード
  • 5U(5番) 飛距離 約170ヤード
  • 6U(6番) 飛距離 約160ヤード
  • ユーティリティは、
    ウッドとアイアンの中間の役目を
    果たすクラブです。

    フェアウェイウッドとの違いは、
    ヘッドスピードが出ない人でも、
    飛距離が出るつくりになっています。

    また、初心者の人にも使えるように、
    打ちやすくなる形に設計されています。

    そのため、フェアウェイウッドの飛距離と
    アイアンの打ち易さの両方の特性を
    掛け合わせたクラブといえるでしょう。

    アイアン

    ロングアイアン

  • 1I(1番) 飛距離 約210ヤード
  • 2I(2番) 飛距離 約200ヤード
  • 3I(3番) 飛距離 約190ヤード
  • ミドルアイアン

  • 4I(4番) 飛距離 約180ヤード
  • 5I(5番) 飛距離 約170ヤード
  • 6I(6番) 飛距離 約160ヤード
  • ショートアイアン

  • 7I(7番) 飛距離 約150ヤード
  • 8I(8番) 飛距離 約140ヤード
  • 9I(9番) 飛距離 約130ヤード
  • アイアンは、
    飛距離100~200ヤードの距離で、
    目標を正確に狙うときに使います。

    フェアウェイだけでなく、バンカーやラフでも使えるので、
    フェアウェイウッドよりも幅広い状況下で打てるのが、
    アイアンの特徴です。

    遠いと思われる200ヤードでも、
    上級者やトッププロは1m圏内まで、
    寄せる技術を持っていますので、

    テレビでは、アイアンが非常に多く使われているのを
    見る機会が多いです。

    ウェッジ

  • PW(ピッチングウェッジ) 飛距離 約110ヤード
  • AW(アプローチウェッジ) 飛距離 約100ヤード
  • SW(サンドウェッジ)  飛距離 約 80ヤード
  • ウェッジは、
    グリーン周りからカップを狙うアプローチショットなど
    100ヤード以下の極端に短い距離を打つときに使われます。

    アイアンとの大きな違いは、
    ボールの高さやスピーンのかかり具合などが
    コントロールしやすいため、

    どんな状況でも狙った場所にボールを確実に
    寄せられるよう設計されてい点です。

    一方で、バンカー内ではSWを使った方が良いであるとか、
    ラフからはAWが打ちやすい、
    など状況に合わせて上手に使い分ける技量が必要となります。

    各クラブの特徴や飛距離を知ることで、
    コース攻略のためにどのクラブを持って行くのか、
    どのクラブを使えばいいのかの判断基準にもなります。

    状況に応じて使い分け、
    スコアアップにつなげていきましょう。