ゴルフでミスショットをしてしまう理由は多々あります。

ヘッドアップやスウェイや力みすぎなど
人それぞれで理由は違いますが、
全員に共通する理由もあるんです。

ゴルフは、止まっているボールを打つスポーツなので、
一見簡単そうに見えますよね?

しかし、人間の眼球は、
実は停止しているものを
見ることがとても苦手何です。

これがミスショットを引き起こす究極の理由です。

例えば、
夜中に街灯が1つだけある道があるとします。
その街灯をじっと見ていると、
だんだん揺れているように見えてきます。

これは、眼球が
常に動いているため起こる現象です。

この現象が、止まっているボールを見るときにも
起きているため、うまく打てない原因になっています。

つまり、ボールをしっかり打とうと、
ゴルフボールを見れば見るほど、
ゴルフボールは動いて見えるのです。

そのため、ミスショットを引き起こしてしまうのです。

だからと言って、
ボールを見ないで打てば
良いショットが打てるわけではありませんが、

ボールを直視せず視界に入れる程度で構えることで、
揺れて見える現象を抑えることができるので、
多少はミスを減らせるかもしれません。

いつもよりミスが多いと感じたら
是非一度試してみてくださいね。