アンプレヤブルというルールはご存知でしょうか?

言葉の意味としては、プレー不可能という意味になります。

ゴルフのルールの場合、アンプレヤブルは、
ライが悪かったり、木などが邪魔でスイング出来ない状況で、
障害物からの救済のようにペナルティーなしでの救済を受けることが出来ない場合に
おこなう処置のことを言います。

1打のペナルティーを受けて処置をすることができるのですが、
その処置方法は3つあります。

①前打位置に戻って打つ
②ホールと球を結ぶ球の後方延長線上から打つ
③球から2クラブの範囲内でホールに近づかないところにドロップする

この3つの方法から選んで処置をすることができます。

ちゃんと知っていれば、1打のペナルティーですむのですが、
知らないで回っていた私の友人は、大変なことになったのです。

私の友人は、まだゴルフを始めたばかりの初心者なのですが、
ティーショットで、深い草むらに入れてしまったのです。

何とかボールを見つけて打つことに、
しかし、足場が悪くて空振りをしてしまいました。

そこへ、ゴルフを私達より詳しい先輩がやってきて、
経験上抜け出すことは難しいと教えてくれたので、
アンプレヤブルをすることにしました。

でも、ホールと球を結ぶ後方延長線上はOB、
球の位置から2クラブの範囲も草むらで、
とても打てる状況ではないです。

ティーショットで1打目、2打目が空振り、
1打罰で4打目でティーショットを打ちなおすことにした友人

しかし、友人がティーショットを打った時、
コースを管理しているおじさんがたまたま見ていて
本来のルールを教えてくれました。

アンプレヤブルは、1打ペナルティーを受けて、
前打位置から打つ処置をとる場合の前打位置は、
前回球を打った位置ではなく前回ストロークをした位置になるそうです。

なので、今回は空振りをしているから草むらの中からになってしまうとのことです。

友人は、間違った場所から打ってしまったので、
2打のペナルティーを受けてさらに草むらから打ち直し、
しかし、打つことができないので、
球から2クラブの範囲内でホールに近づかないところにドロップを繰り返し
草むらを脱出しました。

草むらを抜けたときには相当な打数になっていました。

ルールをしっかり把握していれば
空振りする前に1打のペナルティーで脱出できたのに・・・

恐ろしいですね。