ゴルフはどれだけ少ない打数でホールアウトできるか
ということを競うスポーツです。

しかし、初心者のうちは、
打数が多くなるだけでなく、
ペナルティも受けてしまいがちです。

「でも、よくペナルティって聞くけど、
 どんな種類があるの」

本日はそんな疑問にお答えしていきます!

1.OB(アウトオブバウンズ):ペナルティ1打

各ホールの外へ出してしまうことです。
森の中へ出してしまったり、隣のコースに出してしまったりありますが、
ともに1打のペナルティを受けます。

2.グリーンにマークをしない:ペナルティ1打

ボールがグリーンに乗った場合、
マークをすることでボールを拾うことができます。

これは、ボールの向きを調整したり、
他の人のパッティングの邪魔になりそうな場合などに多いです。

しかし、そのときにマークを忘れると
1打のペナルティとなってしまいます。

せっかくあとはパッティングで終了なのに
ここでペナルティをもらってしまうことはもったいないので
忘れないようにしましょう。

3.ウォーターハザード(池ポチャ):ペナルティ1打

打ったボールがホール内の池に入ってしまうことです。
「池ポチャ」とも呼ばれますね。

基本的には、1打のペナルティを受けて、
打ち直しを行うのですが、ハザードの区域に入った地点と
グリーン上のピンを結んだ線上から続ける場合もあります。

4.クラブでバンカーの砂に触れる:ペナルティ2打

意外と初心者が知らないのがこのペナルティです。

ショット以外のときに素振りなどでバンカーの砂に
クラブが触れると2打の重いペナルティを受けてしまいます。

また、バンカー内の石や枝などに
手で触れてもペナルティ対象となるので注意が必要です。

バンカーの際はショット以外は
何も触れないと覚えておくといいでしょう。

最後に・・・

5.空振り:ペナルティ0打

厳密にいうと、ペナルティではありませんが、
初心者にもっとも多いものなので、
こちらも記載しておきます。

空振りはペナルティではありませんが、
一打としてカウントされるため、
ある種ペナルティのようなものといえます。

空振りはしないように着実に
ボールを捉えましょう。

初心者のうちは、
力任せに振るのではなく、
着実に「当てること」を意識して、
当たるようになってきたら、
徐々に振りを大きくしていくことがおすすめです。

これまで5つのペナルティを紹介してきましたが、
初心者のうちはどうしても
このどれかに引っかかってしまいがちです。

そんなときは、正直に自己申告するようにしましょう!