ゴルフを始めようと思ったとき、
いきなりコースデビューからはじめる人は、
ほとんどいないと思います。

まずは、打ちっ放しで練習をして、
ある程度打てるようになってから、
コースデビューをすると思います。

しかし、練習ではしっかり打てていても、
いざ、コースデビューすると、
空振りやトップばかりで、

「なぜだ~」という経験をしている人は、
ほとんどではないでしょうか?

そして、コースでダメだったから
打ちっ放しに練習に行くと、しっかり打てる。

その現象が起きる理由をお伝えいたします。

コースで空振りやトップをしてしまう理由

まず、理解して欲しいのは、
「打ちっ放しとコースは全くの別物である」
という事です。

その違いが、空振りやトップをしてしまう
原因となっていることがほとんどです。

1.コースでは同じ場所から打つことがない

打ちっ放しは、毎回同じ場所から打ちますが、
コースでは、同じ場所から打つということはありません。

コースでは、毎回景色も違えば足場も違います。

特に足場がしっかりしていない場合は、
スイングが安定せず、上体が起き上がってしまったりして、
空振りやトップになってしまうことが多いです。

2.順番待ちの人がいる

打ちっ放しは、お金を払いスペースを借りるので、
回りを気にすることなく自分のペースで打つことができます。

しかし、コースでは常にスロープレーにならないように
時間を気にしなくてはいけませんし、
同伴者の人を待たせないようにプレーします。

同伴者だけならまだいいです。
他のグループがすぐ後ろにいることもあります。

そうなると、スロープレーになっているわけでもないし、
大して焦る必要もない場面でも、後続を気にするあまり、
打ち急いでしまうケースが良くあります。

その結果、前のめりで打ってしまい、
空振りやトップをしてさらに焦るという、
悪循環になってミスを繰り返してしまいます。

3.コースには芝生がある

打ちっ放しには、マットが敷いてありますが、
とても地面が硬く、手前を叩いてしまうと、
とても手が痛いです。

そのため、打ちっ放しでは無意識に、
ボールにピンポイントで当てて打ってしまいます。

しかし、コースには芝が生えています。
フェアウェイならそこまで長くないですが、
ラフではボールが完全に埋まるぐらいの長さの場所もあります。

そこで打ちっぱなしと同じように、
ボールをピンポイントで捕らえようとしても、
ボールは芝に沈んでいるため、どうしても、
ボールの頭の方をスイングすることになります。

結果として、空振りやトップを引き起こしてしまうんです。

では、これらの状況の中、
どうすれば空振りやトップを起こさずに
ゴルフを楽しむことができるのでしょうか?

空振りやトップを減らすためには

先程もお伝えしましたが、

まず、理解して欲しいのは、
「打ちっ放しとコースは全くの別物である」
という事です。

では、それぞれの改善方法をお伝えいたします。

1.足場がしっかりしていない場合

足場がしっかりしていないところでは、
しっかりと足場を確認し、素振りを繰り返し、
フルスイングは極力避けて、ミートに重点をおきましょう。

あとは、バランス感覚を養い、
体勢が崩れていてもしっかりとスイングできるよう
足腰を鍛えていきましょう。

2.回りを気にして打ち急いでしまう

何度かコースでプレーを重ねていくと気がつくことなんですが、
前のグループに初心者さんがいて、多少待たされる事になっても、
私のグループには誰もそこまで気にしている人はいませんでしたし、

ゴルフをプレーしている人は、紳士な人が多いので、
多少待たされたとしても、あなたが思っているほど、
気にはしていないんです。

だからと言って、何回も何回も素振りして、
1打に時間をかけて良い訳ではありませんが、

待っている人がいても、
普通に素振りして、普通に打つ分には誰も文句は言いません。

なので、変に焦ってプレーする必要は全くありません。

3.打ちっ放しと同じスイングをすると空振りやトップをする

この理由が一番多い理由だと私は思っているのですが、
まず、ゴルフで絶対に避けたいのが空振りですよね。

ボールが全く前に飛ばないので、
いつまでたってもホールアウトできません。

空振りよりは、トップやザックリ(手前を叩いて地面を削ること)の方が、
前に飛ぶだけマシです。

そう考えると、空振りの可能性があるトップより、
ザックリになる方がいいですよね。

そう考えると、より地面を打つことができると思います。

しかし、ここで問題になってくるのは、
打ちっぱなしで手前を叩いたときにくる
手の痛みへの恐怖だと思いますが、
ここが、打ちっ放しとコースの大きな違いになります。

打ちっ放しはマットの下がコンクリートですが、
コースは芝の下は土なんです。

そう、手の痛みは、打ちっ放しとは違い、
そこまでありません。

しかも、テレビで見るプロゴルファーのショットを良く見ると、
ボールを打った時に、芝も一緒に飛んでるではないですか!!

少なからず芝も一緒に打たないと、
しっかりしたショットは、実は打てないんです。

打ちっぱなしで練習しているボールだけを、
ピンポイントで打つ練習こそが、
空振りやトップを生む原因だったんです。

そこまでわかれば、後は簡単です。

ザックリを恐れず、ザックリを打つつもりで打つことで、
トップや空振りが減るだけでなく、
しっかりした練習通りもショットが打てるんです。

私もそれに気がつくまでは、
コースでミスしては、打ちっ放しで練習を繰り返しても、
全く改善されない日々が続きました。

それに気がついてからは、空振りやトップは激減し、
スコアーも大きく縮めることができたんです。

空振りやトップが多いなと感じる方は、
参考にしてみてはいかがでしょうか?