ゴルフボールの規格はすべて、
イギリスのR&AとアメリカのUSGAが発行する
ゴルフ規則の中で厳格に定められています。

この規格は、
重さ 45、93g以下
直径 42、67mm以上
初速 76、2m/sの+2%以下
となっています。

その他にも、
飛距離は一定の条件で、一定の道具を使って320ヤード以下、
打点位置による飛び方の差は、一定以内でないといけない
という項目があります。

ここまで決められているということは、
どの球を使ってもほとんど差は無いハズですが、
なぜ、価格の高いボールと安いボールが存在するのでしょうか?

理由の1つは、
製法と素材がちがうので、
かかるコストが違うということです。

しかし、製法や素材だけが違うだけなのであれば、
わざわざ高いボールを買おうとは思わないと思います。

皆さんが、一番気になる部分、
それは「性能差」だと思います。

しかし、最初にあげたように決められた規定があるため、
実際、高いボールを使おうが、安いボールを使おうが、
真芯でボールを捕らえた場合、飛距離はほとんど変わりません。

では、どこで値段の差がでるのか?

人が打つ限り、毎回真芯で打つことはほぼできません。

ですので、芯をハズした時にどれぐらい
飛距離が落ちるのかという性能の差が値段の差になります。

芯をハズした時でも、真芯で捕らえた時に比べて、
そこまで飛距離が落ちないのが高いボール。

真芯をハズした時に大きく飛距離が落ちるのが、
安いボールという事なんですね。

どのボールがミスに強いかでボールを選んでいくと、
ボール選びもスムーズになりますので、
参考にしてボールを選んでみてくださいね。