現在、ゴルフボールの種類は沢山ありますが、
あなたはどのようにしてボールを選んでいますか?

色で選んでいる方や、
メーカーで選んでいる方もいると思いますし、
性能で選んでいる人も多いと思います。

ですが、同じ色、同じメーカーであっても、
値段が安いものから高いものまで
ゴルフボールは沢山ありますよね。

この値段の違いってなんなのでしょうか?

「性能の違いでしょ」と思われた方もいると思いますが、
実際にはどうなんでしょうか。

今日は値段によってゴルフボールは、
どう違うのかについてお伝えしていきます。

ゴルフボールの規格

まず知っておいていただきたいのは、
ゴルフボールには定められた規格があるということです。

ゴルフボールの規格はすべて、
イギリスのR&AとアメリカのUSGAが発行する
ゴルフ規則の中で厳格に定められています。

この規格は、

  • 重さ 45.93g以下
  • 直径 42.67mm以上
  • 初速 76.2m/sの+2%以下

となっています。

その他にも、
飛距離は一定の条件で、一定の道具を使って320ヤード以下、
打点位置による飛び方の差は、一定以内でないといけない
という項目まであります。

ここまで決まっているということは、
ボールによって飛距離が全然違うとか、
スピン量が全然違うなんてことは、
あまり考えにくいですよね。

でもそれならば
なぜ、価格の高いボールと安いボールが存在するのでしょう?

ゴルフボールの価格の違い

ゴルフボールの値段の違いの理由の1つは、
製法と素材の違いがあります。

作る過程で使っている機材や、
素材の値段が違うため
かかるコストが異なることです。

しかし、製法や素材だけが違うだけなのであれば、
深いこだわりがない限りは、
安いものでいいと思われる方は多いと思います。

ではそれ以外にゴルフボールの値段の違いは
なんなのかということになりますが、
結論から言えば性能です。

しかし、最初にもお伝えしましたが、
決められた規定があるため、
その規定をこえる性能を備えたボールは作ることができません。

ですので、高いボールであろうと安いボールであろうと、
しっかりと真芯でボールを捉えた場合は、
ほとんど変わりはないです。

ボールの価格と性能

では、どこで値段の差がでる
性能の違いがあるのかですが、

ロボットでもない限り
どんなに優れたプレーヤーでも
毎回必ず真芯で打つことは不可能だと思います。

毎回同じショットを打つことができないからこそ
ゴルフは難しいわけです。

特に、スコア100をこれから目指すゴルファーや、
初心者の方の場合、

芯で捉えるショットは数える程度しか
打てていない可能性もあります

実は、そんな芯を外してしまったショットにこそ
値段の差が出てきます。

わかりやすく飛距離を例に出してお伝えします。

例えば、
真芯で打つと300y飛ぶ値段が高いAというボールと、
値段が安いBというボールがあります。

ここに性能の差はありません。

しかし、
芯から外れてボールを打ったとします。

するとAのボールは280y飛びますが、
Bは240yしか飛びませんでした。

これがボールの性能による値段の違いなんです!

ですから、ボールの芯を
とらえることが難しい初心者にとって、
ボールにこだわるというのは、
結構大事なことなんです。

まとめ

今回は飛距離を例に出して
お伝えしましたが、スピンでも同じです。

ミスを補うことがボールの性能となります。

ですが、
値段が高い=必ずミスに強いという事ではありません。

また、ボールによって、
飛距離が補えるのか、スピン量が補えるのかは、
変わってきます。

自分にはどんなミスが多いのかを知ることで、
ボール選びの一つの基準になると思いますので、

ぜひ、自分のミスの傾向とボールの性能、
それと値段を見ながら、
自分にあったボールを見つけてみてください。

本日は以上となります。