ゴルフをやっていると、誰もが意識するのが、
ドライバーでの飛距離だと思います。

飛距離が必要な打席は、最初の1打目と、
ロングホールの2打目ぐらいなので、
スコアーを縮めるのに大きな関わりはないのですが、
なぜか、魅了されてしまいます。

私も、飛距離に魅了された一人で、
300ヤード超えを目指して、
筋力トレーニングをしたり、
スイングを見直したりしていました。

しかし、
ある時、小学5年生の女の子が、
私の最高飛距離の200ヤード以上を
軽々と飛ばす光景を目の当たりにしました。

その女の子は、明らかに細身で、
どう考えても筋力があるようには見えませんし、
まだ、小学生なので体が大きい訳ではありません。

何でなのか気になり、
その子を教えている先生に、
聞きにいきました。

すると、
実は、筋力がない子供の方が
飛距離を出しやすいそうです。

大人は、ゴルフクラブを持ったとき、
筋力のみで、クラブを振ることができます。
そのため、無駄な動きが増えてしまいます。

しかし、
筋力がない子供は、
筋力だけでは、クラブを振ることができません。

そのため、
クラブの重さに振り回される形で
スイングすることになります。

クラブに振り回されるということは、
遠心力でクラブの重みに振り回されるということです。

この遠心力が、飛距離を出すのに重要なため、
小学5年生の女の子は、軽々200ヤードを
飛ばせていたということなんです。

私は、筋力トレーニングをすれば、
飛距離が伸びると思っていたので、
この話しを聞いてかなり驚きました。

遠心力を利用したスイングと、
筋力を使ったスイングでは、
遠心力を使ったスイングの方が飛距離がでるとは・・・

これからは、遠心力を考えて、
スイングを作り直していこうと思います。

飛距離を求める方は、
遠心力を考えてスイングをして見ると、
飛距離が伸びるかも知れません。