こんにちは。
PGAティーチングプロの久田哲夫です。

私は、20歳からゴルフをはじめました。

ゴルフ場で研修生として勤務しながら、
プロを目指して練習の日々を送っていたのですが、
伸び悩んで一度はゴルフを諦め、不動産屋に転職したことがあります。

そこで、不動産業の同業者の方へ
ゴルフレッスンをしていたのですが、

そのレッスンが口コミで評判になり、
再びゴルフの世界に戻ってくることができました。

それからは、1万人以上の方を指導し、
130前後のスコアだった方々を平均90まで、
縮めることに成功しました。

そんな私から、
あなたに向けてゴルフ上達に役立つ知識や、
情報をお届けしていきたいと思います。

さて、今回は「冬場のアプローチ」について書こうと思います。

冬場の難しいアプローチを簡単にする方法

冬場のゴルフって、
難しくないですか?

暖かい時期に比べて
間違いなく、ゴルフが難しくなります。

理由は、

  • 寒くて身体が回らない
  • ボールが飛ばない。
  • 芝生が枯れていてアプローチが難しい
  • 等々です・・・。

    まずは、
    それを知る事が大切です。

    そして、上級者のゴルファー程、
    冬のゴルフを意識し、
    無理しないようにプレーします。

    下の写真を見て頂きたいのですが、
    芝生が枯れて所々薄くなっています。

    グリーン手前の花道も
    今の時期はこんな感じじゃないでしょうか。

    こんな芝生の上からアプローチする時、
    あなたはどんな感じのショットをしますか?

    こんな芝生でも
    ちょっとしたコツでうまくアプローチできるようになります。

    冬のゴルフで大切なのはクラブ選び

    まず、冬のゴルフで大切なのは
    クラブ選びです。

    ピン方向に何も障害物がなければ、
    ウェッジ、パター以外にも様々なクラブを使う事ができます。

    そして、私はパターやPW、9Iを使う
    「転がしのアプローチ」をオススメします。

    なぜなら、転がしこそ、
    アプローチの“基本”だと私は考えています。

    では、
    何故転がした方が良いのでしょうか?

    こんな状況を想像してみて下さい。

    ミドルホールの2打目は
    グリーン手前、約2メートルの花道に
    ボールが止まりました。

    花道からグリーンまではほぼ平らで、
    間に障害物は何もありません。

    ピンはグリーンセンターにあり、
    ほんの少し登りになります。

    この状況において、
    あなたはどんなクラブを選びますか?

    選ぶクラブは人それぞれ違うと思いますが、
    まずは、パターで寄せることをイメージして下さい。

    こう言うと、
    少し芝が長くなっているカラーやグリーンエッジを見て、

    『どれくらい抵抗を受けるんですか?
    強さがわからないので難しいです!』

    と、多くの方が最初はそう言って“抵抗”されます。

    しかし、とりあえずイメージしてみて下さい(笑)

    ところで、
    ショットの前に何を考えましたか?

    実はショットの前に何を考えたかが、
    大切なんです。

    確か“芝の抵抗”を考えましたよね。

    という事は、
    距離感のことを考えたわけです。

    次にSWでアプローチする事を
    イメージしてみて下さい。

    そして、まずは何を考えましたか?

    本来、ボールの落とし場所を考えて
    距離感に集中したいのですが、
    しっかり芯に当てることに意識がいった方も
    けっこういらっしゃるかと思います。

    もし、そういう意識が入ると
    身体は硬直しやすくなり、
    良いリズムで打つことが難しくなります。

    逆にパターを持った場合、
    打ちミスを気にせずショットに入れます。

    確かに、距離感を出して行くのは
    そう簡単ではありません。

    何度も繰り返して
    少しずつ距離感がついてくるので、
    “抵抗”される気持ちもわからなくもありません。

    しかし、考えてみて下さい。
    パターでダフったり、トップしたりしますか?

    SW等のウェッジでアプローチするよりも
    パターの方が数段打ちミスは少ないのです。

    もし仮に、

    「パターでもダフったりトップしたりする!」

    という方は、尚更パターを使うべきです。

    実は、私の生徒さんの中にも
    同じような状況の方がいます。

    パターで打ちミスするのに、
    ウェッジで上手くいくわけがありません。

    ゴルフは確率のスポーツです。

    少しでも“確率の高い方法”でいくべきです。

    次回のラウンドは、
    騙されたと思って、
    パターでコロコロ作戦を試してみて下さい~(^-^)

    今後もいろんなゴルフの記事を書いていきますので、
    ぜひ楽しみにしていただければと思います。

    また、私が教えている、
    100切りするためのレッスンDVDもありますので、
    ぜひ、見てみてください。

    P.S
    今年も、もう12月ですね・・・。

    今年も色々な事がありましたが、
    なんとか1年を乗り切る事ができました。

    さまざまな経験をさせて頂いた周りの皆様方には、
    とても感謝しております。

    皆様方に、少しでも恩返しできるよう
    来年も頑張っていこうと思います。