PGAティーチングプロの川上知人です。

あなたは練習場で練習する際に、
目標をしっかりと決めて練習していますか?

私がレッスンで行く打ちっぱなし場では、
なんとなくボールを打ってしまっている人がいるのを、
結構見かけます。

せっかくお金を払って練習をしに行っているのに、
ただボールを打っておしまいでは、
とても勿体ないですよね。

そこで今回は、前回久田プロがお伝えした、
目標設定の続きということで、
目標を達成するための練習法について、
お伝えしていきたいと思います。

前回の目標設定の記事はこちら
▼『明確な目標』はあなたの上達を加速させる!
http://golf-log.com/driver/1482/

まず、やっていただきたいのは、
練習しに行く前に、その日に練習する球数を
決めるということです。

例えば、スコア100を切ることを目標にしている方であれば、
球数は、50球でも良いですし、
100球でも構いません。

その日は、決めた球数以上は、
絶対に打たないようにしてください。

球数が決まったら、さらに、
その球数の中で、どのクラブを何球打つかも、
決めていきます。

例えば、今日は50球打つと決めたとします。

そしたら、サンドウェッジで10球、ピッチングで10球、
8番で10球 ドライバーで10球、UTで10球というように、
クラブごとの球数を決めてください。

それぞれのクラブの球数も必ず守ってください。

そうすると、
10球目でミスをしてしまった時に、
11球目も続けて打ちたくなりますが、
打つことができません。

これは、実際のコースでも同じです。

セカンドでミスしたり、
3打目でミスをしてしまった時に、
もう一度同じ場所から打つことはできないですよね。

練習場でも、本番と同じ緊張感で、
練習することができます。

それ以外にも、
それぞれのクラブが実際のコースで、
打つ打数に近くなります。

球数を50球にした場合はハーフを回るイメージで、
100球にした場合はフルラウンドを回るイメージで打っていただくと、
スコア100以内で回るのと変わらない状態で練習することができます。

この他に、
球数に制限をかけないで練習する方法についても、
音声でお伝えしていますので、
ぜひ、聞いてみてください。

再生プレイヤー

今後もいろんなゴルフのコラム記事を書いていきますので、
ぜひ楽しみにしていただければと思います。

また、私が教えている、
100切りするためのレッスンDVDもありますので、
よかったら見てみてください。