こんにちは、
PGAティーチングプロの川上知人です。

今回のコラムはスイングを安定させるため、
私が現在教えている生徒さんにも実践いただいているもののなかから、
非常に効果的だったドリルをお伝えしていきます。

このドリルはこれまで何度か、
雑誌でも紹介されているものとなりますが、
実際にやってみても効果を発揮していますので、
ぜひ、あなたにもお試しいただければと思います。

今回のドリルで必要なものですが、

『1本のストロー』

たったこれだけです。

このストローがあなたのスイングの
軸ブレを解消してくれます。

まずはまっすぐストローをくわえてください。

あとはストローをくわえたまま
スイングするだけです。

このときに意識してほしいポイントがいくつかあります。

まずは、アドレス時です。

アドレスに入ったら、まっすぐ顔をボールに向けるのではなく、
顔の正面にあるストローが、
ボールから30センチほど右に向くようにします。

そこから、そのストローの向きを崩さないように
スイングしてみてください。

バックスイングのときは、
顔の向きと同じ向きにスイングすることになるので、
特に問題はないかと思います。

ただ、ここから先の、
切り返しからが問題です。

切り返しでは、肩に力が入ってしまい、
顔や肩がスイングと一緒に目標方向に向いてしまう
という方も多いでしょう。

そのときに、うまい具合にクラブヘッドを持っていけるといいのですが、
多くの方が身体と顔が先に開いて、クラブヘッドが遅れてやってくる
ということになっているのではないでしょうか。

そして、その結果、スライスしたり、頭を叩いてしまったり、
ひどい場合にはシャンクしてしまうということに繋がるわけです。

そこで、ストローをくわえることで、
自分の頭がどれだけ動いてしまっているかが分かるようになります。

たったこれだけのことですが、軸がブレていないか
簡単にチェックできるようになるのです。

ここから、頭を動かさず、
軸をブラさないようにスイングするには、
どうすればいいかおわかりだと思います。

そう、なるべくストローが真っすぐ向くように
意識しながらスイングしていきましょう。

最初は違和感があるかと思いますが、
繰り返し実践いただくことで、
無意識でも軸がブレなくなってきます。

たったこれだけで、
顔がしっかり右を向いたまま切り返せるようになり、
それにより、軸が残った状態でクラブヘッドを
戻していくことができるようになります。

また、それにより、
ボールに真っすぐ力が伝わるようになるので、
飛距離が伸びたり、身体がスウェーするのも
防げるようになるでしょう。

たったストロー1本でできることなので、
次回練習場に行く際には、
ぜひストローを持っていってみてください。

何か発見があるかもしれません。

再生プレイヤー

試してみたご感想やこういった内容について
話してほしいということなどあれば、
下のコメント欄からコメントいただければと思います。

また、私が教えている、
100切りするためのレッスンDVDもありますので、
よかったら見てみてください。