PGAティーチングプロの川上知人です。

今回のコラムでは、
ルーティンについて話していきたいと思います。

ルーティンとは、
毎回安定したスイングをするために行う
決まった行動のことです。

スイング前にやることを決めておくことで、
緊張もほぐれ、毎回同じようなコンディションになって
安定したスイングができるようになるんですね。

もちろんプロゴルファーもやっていますし、
ゴルフ以外のスポーツでもプロは
必ずと言っていいほど自分のルーティンを持っています。

だから安定した成績を残せているんですね。

そのルーティン、あなたはお持ちですか?

実はカンタンな2ステップだけで
あなたにピッタリなルーティンを見つける方法があるんです。

この記事をご覧になられている方の中には、
上級者の方や、初心者の方などいろんな方がいると思います。

その中でも、上級者の方は、
ルーティンと聞くと、
すぐにイメージはつくかもしれませんが、

やはり上手な方でも、
ルーティンが定まっていなかったり、
ついつい目の前の一打に集中しすぎたり、

目の前の結果に意識が行き過ぎてしまうと、
自分のリズムが悪くなってしまいます。

初心者の方ですとルーティンよりも、
まず、目の前のボールに当てることに意識がいってしまい、
ルーティンを気にしているよりも

“早く打たなければいけない”、
“周りに迷惑をかけてはいけない”

とマナーの方が優先してしまいます。

そうなると、
なかなかルーティンまで、
意識を回す事ができないと思います。

ですが、このコラムを読んでいただくだけで、
その悩みはすぐ解決します。

練習場でも自分のルーティンの動きはつくれますので、
ぜひ、コラムを読んだ後、すぐに試してみてください。

自分に合ったルーティンを見つけるには

自分に合ったルーティンを見つけるために、
まず実践していただきたいのは、

  • トーナメントプロのルーティンを真似てみる
  • 自分の好きな選手のルーティンを真似てみる
  • ということです。

    真似をしていく中で、
    自分にあった動き、動作、仕草やリズムを見つけてみてください。

    しっくり来るものがあれば、それを続けていただくことで、
    自分にあったルーティンができていきます。

    ですが、
    真似をしてみても、
    しっくりいかないこともあると思います。

    そんな時は、
    しっくりいかない動きでも続けてみてください。

    続けることで、自然と身について来るということもありますので、
    練習場に行った際には、打つ前にかならず何かルーティンをしてから、
    ボールを打つようにしていただければと思います。

    この他にも、
    練習場で注意していただきたいことや、
    ルーティンを定着させる方法について、

    音声でお届けいたしますので、
    ぜひ、聞いてみてください。

    再生プレイヤー

    今後もいろんなゴルフのコラム記事を書いていきますので、
    ぜひ楽しみにしていただければと思います。

    また、私が教えている、
    100切りするためのレッスンDVDもありますので、
    よかったら見てみてください。