こんにちは。
PGAティーチングプロの久田です。

先日、東京は大雪でしたね。
私は大阪にいましたので、
そこまでの積雪はありませんでしたが、

東京はまだ一部で雪が残っているようですので
足元にはご注意ください。

寒さはまだまだ厳しいですが、
風邪を引かないようお互い気をつけていきましょう。

さて、今回は、
ゴルフ上達の秘訣として、
『明確な目標』の重要性と目標の立て方
についてお話したいと思います。

スコアを縮めたい方には、
特に重要な内容ですので、
ぜひ最後までお読みください!

明確な目標こそ上達の近道

まずお聞きしたいのは、
あなたはゴルフについて
どのような目標をお持ちでしょうか?

今年中に100を切るとか、
ドライバーで270ヤード飛ばすとか、
色々あると思います。

ですが、中には目標を聞かれると、
漠然と『上達したい』と答える方もいらっしゃいます。

そういう方に強くお伝えしたいのですが、
漠然と上達したい!というだけでは、
あまり上達できないと私は考えます。

なぜなら、
どこに向かって走っているのかが、
明確でないからです。

例えば、
今年中に100を切るという目標を設定します。

すると、
現状で何が足りないか?
課題が見えてきます。

アプローチの失敗が多い方はその練習を、
ドライバーのOBが多い方なら
マネージメントを考え直してみるなど、
やるべきことが明確になってきます。

その課題にしっかりと向き合い、
一つひとつをクリアしていくことで、
目標を達成できるわけです。

しかし、上達したいという漠然とした目標では、
何を練習すれば上達できるのかが、
ボンヤリしてしまいますよね。

ですので、明確なゴルフの目標が、
まだ決まっていない方は、
すぐ目標設定をしていただく事をおすすめします。

目標さえ決まってしまえば、
今何をするべきかがわかり、
練習の成果も高くなります。

目標を立てるときに注意してほしいこと

目標を立てる際に、
注意していただきたいことは、

「長くても1年以内に達成できる目標にする」
ということです。

ラウンドが多い方は、
半年ごとに目標を立てると、
大きな成果が出てきます。

なぜ、短い方が良いかといいますと、
長くなってしまうと、途中で飽きてしまい、
達成できないことがほとんどだからです。

まだ、現状とのギャップが大きいことで
そこに辿り着くための正しい課題が見えてこないんですね。

その結果、遠回りになってしまうんです。

まずは、
1年以内に達成したい目標・ゴールを決めてみてください。

もし途中で難しいと感じたら、
目標の修正をしても構いません。

向かうべきゴールの方向が決まれば、
後はゴールに向かって一つずつ課題をクリアするだけで、
上達することができます。

今からでも構いませんので、
ぜひ、『明確な目標』を立ててみてください。

本日は以上となります。
最後までお読みいただきありがとうございましたm(__)m

また、私が教えている、
100切りするためのレッスンDVDもありますので、
よかったら見てみてください。