こんにちは、
PGAティーチングプロの川上知人です。

今回のコラムでは、
ちょっとしたポイントを確認することで、
スライスやフック、トップのミスを減らす方法をお伝えします。

大事な場面で、今まで出ていなかったスライスが
急に出てきて、なかなか直らないことってありますよね。

その原因は、疲れが出ていたり、
緊張する場面で身体が固くなっていたりすることで、
スイングの途中で前傾が崩れることがあるからです。

このミスは、アドレスをした時にしっかりと前傾を確認しても、
スイングの途中で起きてしまうので、
なかなか気付くことができません。

そんな時に確認していただきたいポイントが、
スイング途中のフェースの向きになります。

右腰の位置でフェースの面がどっちを向いているかで、
スイングが崩れていないかを確認することができます。

それでは確認する方法についてお伝えします。

まずは、いつも通りアドレスをして、
そこからゆっくりとバックスイングをしていきます。

そして、シャフトが地面と平行になったところで、
バックスイングを止め、フェースの向きを確認してください。

この時にフェースの向きが、やや下を向いていれば、
しっかりとした前傾のままバックスイングができている証になります。

ですが、すでにフェースが正面を向いている方や、
上を向いている方は、腕のローテーションがスムーズではなかったり、
身体がすでに伸び上がった状態になっていたりします。

スイング中には必ず開いたフェースを元の位置に戻す作業が入りますので、
急激に戻しすぎて左へ引っ掛けたり、しっかりと戻しきらずにボールに当たったりと、
色々なミスに繋がってしまいます。

ですので、
まず、この右腰の位置に上げてきた時に、
しっかりとフェースがやや閉じた状態、
スクエアで上がっているかを確認していただきたいです。

前傾に対してしっかりとバックスイングできていれば、
フェースは右腰の位置では、やや閉じた状態となりますので、
そのポイントを確認しながら練習してみてください。

確認した際に、右腰の位置で、フェースが正面や、上を向いてしまっている場合は、
ゆっくりバックスイングしながら前傾姿勢と腕の動きに意識して、
修正してみてください。

あなたの球筋に少し変化が出てボールがつかまりやすくなったり、
力強いショットが打てるようになったりしていくと思います。

この他にも重要なポイントについて、
音声でお伝えしていますので、
ぜひ、聞いてみてくださいね!

再生プレイヤー

試してみたご感想やこういった内容について
話してほしいということなどあれば、
下のコメント欄からコメントいただければと思います。

また、私が教えている、
100切りするためのレッスンDVDもありますので、
よかったら見てみてください。