ゴルフ上達のためには、
やはりスイングが大切になってきます。

そこで質問ですが、
あなたはスイングをする際に、
意識を置いているポイントはありますか?

そのポイントによって
あなたがゴルフ初心者なのか、
ゴルフ上級者なのかがわかります。

× ボール

スイングの際にボールに当てることを意識している方は
まだまだゴルフ初心者といえます。

なぜなら、ゴルフはクラブをボールに当てにいく
スポーツではないからです。

野球やテニスはバットやラケットを
動いているボールに当てにいくスポーツです。

しかし、ゴルフはボールが止まっています。

そのため、当てにいく必要はありません。

あくまでもキレイなスイングをして、
その途中にボールがあるというスタンスで
考えていただいた方がいいでしょう。

× 手首

手首を意識されるという方は、
スライスしたり、真っすぐ飛ばない方が
多いのではないでしょうか?

手首を意識しなければいけないということは、
手首に遊びがあり、
しっかりと固まっていないということになります。

本来、グリップはそんなに強く握ったり、
握り方を意識しなくてもいいものです。

ですから自然に握って、
あとは特に力も入れることもなく
自然とスイングできるようになりましょう。

× ひじ

ひじを意識するという方は、
無駄な力が入ってしまっている可能性があります。

ひじは真っすぐ伸ばして
あとは動かないようにスイングすれば、
キレイなスイングができるようになります。

手首もそうですが、手を意識しているうちは、
まだ手打ちになってしまっているということですね。

○ 腰

ゴルフでもっとも大切といえるのが、
実は腰です。

特に飛距離を伸ばしたい方は、
腰の捻転(ひねり)を意識するようにしてください。

手にばかり意識がいって、
腰が十分に回せていない方が多いですが、
実は手を意識するよりも、腰を意識したほうが
飛距離はでます。

そのため、腰をきっちりと回しきれているのか
もう一度チェックしてみてください。

◎ 何も意識しない

ある意味これが究極の形です。

もちろん、ただクラブを振り回すだけの
何も意識しないという意味合いではありませんよ。

ゴルフは止まっているボールを打つという
同じ動作の繰り返しのスポーツです。

ですから、何も意識しなくても、
いつもと同じスイング、いつもと同じパフォーマンスが
できることとそが、スコアアップのためには
特に大切なことになってきます。

そのためには、やはり何も意識しなくても
同じスイングができるまで繰り返し練習して、
体に覚えこませていくしかありません。

ゴルフ練習場やゴルフ場でボールを打つこともいいですが、
ボールがないところで、繰り返しスイングの練習をして
体にスイングを覚えこませていくこともやっていきましょう。