• ドライバーショット(ティーショット)
  • アプローチ
  • パター
  • ゴルフには、様々なショットがありますが、
    初心者がまず上達していくべきものはどれでしょう?

    それは、間違いなくアプローチです。

    なぜなら、アプローチこそ、
    ゴルフ上達に、そしてスコアアップに
    最もつながりやすいからです。

    では、なぜ、アプローチが
    スコアアップに繋がりやすいのか、
    その理由を本日はお伝えしていきます。

    その前に、ドライバーショット、
    パターを優先的に練習した場合、
    どのようになるのか見ていきましょう。

    ドライバーショットを優先的に練習した場合

    初心者がドライバーを優先的に練習した場合、
    その結果は目に見えています。

    あなたはこんな経験をしたことがないでしょうか?

    ティーショットはいいところに飛んだのに、
    アプローチでグリーンを大きく越えてしまった。

    そして、そのリカバリーショットも、
    またグリーンを越えて、と
    往復ビンタのようになってしまったことが・・・

    これは、ドライバーばかりを
    練習している人にありがちな傾向です。

    飛ばすことにはなれているものの、
    距離感のコントロールができていないので、
    このようなことになってしまいがちというわけなんですね。

    打ちっぱなしに行っても、
    ドライバーでかっ飛ばすことばかり行っている方は、
    特に陥りがちなので注意してくださいね。

    パターを優先的に練習した場合

    ゴルフの練習といったら
    自宅でパターマットを使ってパターの練習くらいのあなた!

    あなたも注意が必要です。

    パターばかりを練習していると、
    いざ、本番になると、
    このような現象に見舞われるかもしれません。

    ついに、久しぶりのゴルフ。
    意気揚々とティーショットを打ってみると
    ボールが大きくスライス。

    2打目、3打目もなぜか真っすぐに飛ばない。

    その理由は、クラブを振りぬくことに
    慣れていないからです。

    パターでは、当てればいいだけなので、
    クラブを振りぬくことはありません。

    そのため、ドライバーやアイアンのように
    クラブを振りぬくということが
    不慣れとなってしまいます。

    ですから、うまく振ることができず、
    スライドしてしまうのです。

    アプローチを優先的に練習した場合

    では、本題です。

    アプローチを優先的に練習した場合は、
    どのようになるのでしょうか?

    まず、間違いなくいえることは、
    スコアを縮めていくことに繋がってくるはずです。

    なぜなら、ゴルフでは、
    大半がアプローチショットとなるからです。

    一打目、ティーショット、
    そして、最終ショットはパターとなりますが、
    その間を繋ぐのはすべてアプローチショットです。

    言い換えれば、ゴルフは、
    いかに「寄せる」競技かということがいえるかと思います。

    つまり、機会の多いアプローチショットを練習することこそが、
    もっともスコアアップに近づくというわけなのです。

    そして、アプローチショットを優先的に練習することは、
    もう一つメリットがあります。

    それは、ドライバーショットやパターにも
    順応しやすいということがあります。

    アプローチショットでは、
    距離や選ぶクラブによって、
    アイアンを振る強さが様々です。

    強く振り切る場合もあれば、
    ほぼ当てるだけのような場合もあります。

    そのため、色々な距離感で
    アプローチショットの練習をしておけば、
    ドライバーやパターと似た感覚を得ることができるのです。

    そこから、ドライバー、パターの練習に移行しても
    力のかけかたが似ているため、
    応用的に練習することができるというわけなんです。

    ですから、まずはアプローチショットから
    入っていただくことこそが、
    ゴルフ上達には最も早いといえるのです。

    ぜひ、まずは、色々な距離からアプローチの練習を行って、
    最短でゴルフを上達していきましょう!

    打ちっぱなしでは、どうしても気持ちよくドライバーを
    振ることをしてしまいがちですが、
    何のために練習しているのかということを忘れずに、
    アプローチ練習をメインにすることをおすすめいたします。