あなたもご存じの通り、
ゴルフでは、アドレス、グリップ、スイングという
一連の動作を通して、ボールを打っていきます。

では、このなかであなたが
重点を置いているポイントはどこですか?

おそらくほとんどの方が
スイングと答えるのではないでしょうか?

しかし、実はもっとも気をつけなければいけないのは、
一番最初のアドレスなのです。

では、なぜアドレスを意識しなければならないのか、
その理由はいたってシンプルです。

アドレスは、スイングの軸を決定付けるものになります。

ですから、どんなにスイングを意識しても、
そもそもの軸がブレていては、
理想のスイングを再現することはできません。

逆にいうと、しっかりとアドレスが決まれば、
あとは軸がブレずに、クラブを振ることができるので、
あなたの理想のスイングに近づくことでしょう。

いまいちピンとこない方は、
水がたっぷり入ったコップをイメージしてください。

コップにはあふれるかあふれないか
ギリギリのところまで水が入っています。

あなたは、それを自分の体の右にあるテーブルから
左にあるテーブルに移動させるとします(スイングのイメージですね)

普通に立ちながら慎重に運べば問題ないと思いますが、
これがバランスボールに乗りながらだといかがでしょうか?

一適もこぼさずにテーブルまで
運べる自信のある方はいますか?

アドレスが固まっていない状態というのは、
まさにこのような状態なのです。

ですから、その状態でどんなに
水の運び方をあれこれ試行錯誤しても
なかなかうまいようにはいかないというわけなんです。

そのため、ゴルフでまずアドレスが上達すれば、
自然とスイングも上達していくということがいえます。

つまり、一見地味ですが、ゴルフ上達への近道は、
アドレスから上達するということにあるのです。

もし、スイングばかりを意識して、
アドレスはそんなに意識していなかった方は、
これを気にアドレスを見直してみてはいかがでしょうか?