ゴルフボールって高いものから安いものまでありますが、
あなたはどういったボールを使っていますか?

どうせロストボールするからと、
いつまでも安いボールで済ませている方、
要注意です!

というのも、実はゴルフボール一つで、
飛距離や“止まり”に大きな違いがあるからです!

それを知っていただくために、
まずはゴルフボールにはどんな種類があるのか
お伝えしていきます。

ディスタンス系

ディスタンス系のボールの特徴は、
飛距離が出るということです。

なので、「飛ばしたい!」という方向けの
ボールとなります。

また、反対に飛距離に自信がない方が使うと、
自分のウィークポイントを補ってくれるため、
おすすめです。

ただ、その反面、スピンはかかりにくいため、
ボールが止まりにくいので、
使う人には正確なコントロールが求められます。

コントロールに自信がないと、
グリーンで止まらずにグリーンオーバーしてしまう
なんてことになりがちなボールでもあります。

スピン系

スピン系のボールはその名の通り、
スピンがかかりやすいボールになります。

スピンがかかりやすいので、
地面との摩擦が生まれやすく、
ボールが止まりやすくなります。

そのため、グリーンでピタッと止めたい方や
アプローチには最適のボールとなっております。

ですから、気持ちよく「グリーンオンした!」と思っても、
ボールがコロコロと転がっていってしまう方には、
その特徴をフォローしてくれるため、おすすめです。

デュアル系

デュアル系はディスタンス系とスピン系の
両方の特徴を持つボールです。

そのため、飛距離もまずまず稼げて、
ボールもまずまず止まってくれます。

逆に言うと、特徴の薄いボールといえるので、
ボールに特にこだわりがない方や
ストロングポイントやウィークポイントが特にない方には、
おすすめのボールです。

ボール選びに迷ったら、あまり難しいことは考えずに
デュアル系を選んでおくと無難といえます。

では、そんな様々な種類があるゴルフボールですが、
あなたにピッタリのゴルフボールを見つけるには、
どうすればよいのでしょうか?

自分に合ったボールはこうして見分けるべし!

自分に合ったボールを見分けるための
ヒントとなるのが「ヘッドスピード」です。

ヘッドスピードが速いということは、
その分、推進力を生むということなので、
飛距離がでるということになります。

反対にヘッドスピードが遅い場合は、
飛距離はあまりでないということになります。

ヘッドスピードの速い、遅いの基準は、
一般的にはこのようにいわれています。

  • 38m/s以下 → 遅い
  • 38m/s以上~48m/s未満→ 平均
  • 48m/s以上→ 速い
  • こちらを見て、あなたのヘッドスピードが
    速いのか、遅いのかを見極めてみてください。

    そして、あなたに合ったボールを見極めてください。

    通常、ボールは、自分のウィークポイントを
    補う形で選んでいくといいでしょう。

    ですから、ヘッドスピードの遅い方は、
    飛距離が出やすいディスタンス系、
    平均の方は、デュアル系、

    反対にヘッドスピードの速い方は、
    ボールが止まりにくいので、
    スピン系を選ぶことをおすすめします。

    自分に合ったボールをチョイスして、
    スコアアップに繋げていきましょう!