前回の記事では、
「あなたにピッタリのドライバーを見つける方法」
をお伝えいたしました。

あなたに合ったドライバーがわかったところで、
今度はそのドライバーの打ち方について考えていきましょう。

あなたは、ドライバーショット(ティーショット)の際、
どのようにスイングしていますか?

ドライバーショットの方法は色々ありますが、
本日は、すぐにでも実践できる
最もシンプルなスイングの仕方をお伝えしていきます。

その前にまずは、
悪いドライバーの打ち方の例を見ていきましょう。

このような打ち方をしている方、
要注意です・・・

悪いドライバーの打ち方の例

悪いドライバーの打ち方

ピンの高さを意識したスイングをしている

ドライバーショットの際には、アイアンでのショットと違い、
当然、ティーにボールを乗せた状態で打つことになります。

そのため、ティーの分、高さが異なるため、
打ちにくさを感じている方もいるかもしれませんね。

しかし、ティーの高さを意識しているということは、
知らず知らずのうちに、ティーの高さ分、
腕の振りがコンパクトになっている可能性があります。

そうなると、腕が十分に振れないため、
ボールに力が伝わらず、飛距離が伸びないなんてことに
なってしまっているのではないでしょうか?

また、腕の振りを意識することによって、
フォームが崩れやすくなり、安定したスイングができない
という可能性も考えられます。

ピンが体の中心にある

え?ピンって体の中心に置けばいいんじゃないの?

たしかに、アイアンで打つ場合は、
ボールが体の中心にあると打ちやすくなります。

しかし、ドライバーショットとなると別です。

ドライバーショットで必要となるのは、
いかに飛距離を稼ぐかということです。

そうなると体の中心にボールがあると、
ボールの真横からドライバーが当たるため、
大きな放物線を描くことはできません。

それどころか、スイングが少しずれると、
ボールの上を叩いてしまうこともあり、
ボテボテのボールとなってしまう可能性もあるのです。

ですから、体の中心にピンを置くことは、
あまりおすすめできません。

では、反対に良いドライバーの打ち方とは、
どういったものなのか見ていきましょう。

良いドライバーの打ち方の例

良いドライバーの打ち方

ピンの高さを意識せず、アイアンと同じ振り方を心がける

ドライバーとアイアンで振り方を変えている人もいますが、
ちょっとしたコツを抑えるだけで、特に振り方を変えることなく
ドライバーでもアイアンと同じスイングで対応できます。

ですから、まずは、アイアンと同じく、
地面をこすり気味でスイングしてみてください。

そうするとピンの下を叩きすぎてしまうのでは?
という対策は次のポイントでクリアできます。

ピンを体の前の方に持ってくる

ピンの下を叩きすぎないための対策は、
ピンの位置を体の前の方に持ってくることです。

だいたい、左足首の前あたりがいいでしょう。

こうすることで、アイアンと同じように振ると、
ちょうどアップスイングになり始めるところで
ボールをとらえることができます。

そのため、ボールの下を叩きすぎず、
ちょうどいい高さで捉えることができます。

さらに、アップスイングで捉えることで、
アッパー気味の弾道となり、ボールが上がりやすく、
飛距離を稼ぐことができるようになります。

最初は体の真ん中でボールを捉えないことに
違和感があるかもしれませんが、
非常に理にかなった打ち方なので、
体が慣れるまで、とにかくこの打ち方を試してみてください。

ドライバー上達のためには?

世の中には色々なスイング方法がありますが、
それに捕らわれすぎていて、
結局は無駄な力が入ったスイングをしていては、
スイングが安定せず、スコアを伸ばすことはできません。

ですから、まずは、できるだけシンプルに、
一つのスイングを習得することです。

今回お伝えしたドライバーもアイアンも
同じ打ち方をするということもそのなかの一つです。

どちらも同じスイングであれば、
覚えることも一つなので、
いつも安定したパフォーマンスを発揮しやすくなります。

一つ軸ができたら、なるべくその軸をぶらさず、
その軸をベースにどうすれば、うまく打てるかということを考えていくことが、
スコアを縮めていく秘訣になります。

ですから、まずはあなたのなかの
軸となるスイングを見つけてくださいね。