ゴルフは、ティーショットにしても、パターにしても、
強弱や腕の振りに違いはあるものの、
基本的には同じ動きの繰り返しです。

バックスイングからダウンスイングに入って
フォロースルーからフィニッシュに入る流れは、
クラブや打つ場所が変わっても同じものです。

だからこそ、しっかりと、
ベースとなるフォームを固めておく必要があります。

打ちっぱなしで練習しているときに、
前よりも強く打っているのに、
なぜか前よりも飛ばないということや、
反対に、前よりもコントロールを意識しているのに
思ったところにいかないということはありませんか?

これらは、フォームが固まっていないことが
原因として考えられます。

なぜなら、ベースとなるフォームがないと、
何を基準として考えたらいいかわからないため、
このような問題が起こりやすいのです。

反対にフォームがしっかりと固まっていれば、
あとは、そのフォームを基準に、
遠くに飛ばしたければ強く打ったり、
反対に、寄せたいときは弱く打ったりといった
わずかな調節で対応できるようになります。

では、フォームを固めていくためには、
何が必要なのでしょう?

フォームを順序立てて考えていく

まずは、基本となるフォームを覚えるために、
フォームを順序立てて考えていくことです。

先ほどもお伝えした通り、ゴルフのスイングは、
いくつかの段階にわかれています。

アドレスが固まったらバックスイングに入り、
そこからダウンスイングに入り振り下ろします。

そしてインパクトへ繋がり、フォロースルーを経て
フィニッシュで終わりです。

ただ、最初のうちは、
これを一つ一つ考えなくていいです。

まずは、アドレスを決めること、
そしてバックスイングからダウンスイング、
そしてフィニッシュのところに持ってくる動きだけでいいので
意識してみましょう。

フォームの確認が終わったら

フォームを順序立てて考えていくことができたら、
次は、それをひたすら繰り返すことです。

先ほどもお伝えしましたが、
ゴルフは、基本的には同じ動きを繰り返す競技となります。

ですから、どんな環境、どんな状況でも
同じフォームができるよう、
ひたすら体に覚えこませていってください。

クラブは持たなくてもいいので、
体が完全にフォームを覚えるまでは、
可能な限り自宅でも毎日練習することをおすすめします。

そして、練習場やゴルフ場、
足元がやわらかいところ、固いところや傾いているところなど、
色々なところで再現できるか試してみるといいでしょう。

フォームが固まったら

フォームが固まったら、それをもとに、
色んな距離、色んなシチュエーションで
どんどん試してみてください。

そうすることで、

「これくらいの距離なら、いつものスイングより
 もう少し強く打つ必要があるな」

「ここは寄せたいからいつもより
 ボールを少し浮かせ気味で打ってみよう」

ということが見えてきます。

ここまでくれば、
あとは、距離やシチュエーションごとに
意識するポイントわかってくるので、
おのずとスコアを縮めていくことにもつながります。

とにかく、まずは自分のフォームを作ることです。

最初は地味な作業になりますが、
これこそが間違いのない着実に上達していく方法になりますので、
ぜひ、あなただけのフォームを固めていってください。