ある程度スライスせずに飛ばせるようになった
いくつかパーオンも出せるようになってきた

そんなゴルフに少し慣れてきた方が
次にぶつかる壁が「パッティング」です。

ゴルフはボールを打って最終的には、
カップに沈める競技です。

ですから、どんなにそれまでのプロセスがうまくいっていても、
最終的にカップインできなければ結果には結びつきません。

実際に、「グリーンに乗せるまではいいんだけど、
そこからがなかなかうまくいかないんだよね・・・」
という方も多いのではないでしょうか?

そこで、本日は、イ・ボミから学ぶ
パターが爆発的にうまくなる方法をお伝えします。

ゴルフ上達のコツは“考えすぎない”こと

ゴルフでショットがぶれる理由は様々ありますが、
その原因として最も多いのが、考えすぎてしまうことです。

次はあそこに落としたいからこれくらいの強さで打たないといけないとか、
ここは傾斜がこうだからこう打つ必要があるとか、
風の向きがこうだからここを意識しないといけないとか・・・

もちろん、そういったことを意識することは大切です。

ただ、アドレスに入ってから
そういうことを考えてしまうことは、
プレーが乱れることに繋がってしまいます。

特にパッティングは、
これで大きく結果が左右されます。

ですから、アドレスに入ってからは、
「何も考えないこと」が大切になってきます。

つまり、どういうスイングをするかということは、
アドレスに入る前に固めておいて、
あとはそれを表現するだけという状態にしていきましょう。

イ・ボミが実践していた「2秒ルール」

とはいえ、いざアドレスにはいると、
本当にこれでいいのかということを考えてしまうと思います。

そこで、あらかじめ考えすぎないために
有効な方法があります。

それがアドレスが決まったら、
2秒以内に打つというルールです。

どんな状況でも、アドレスが決まったら2秒以内に打つ。

一見シンプルですが、この方法は、
あのイ・ボミも実践している方法です。

イ・ボミといったら、いまや説明不要の
人気、実力ともにトップの選手ですが、
実はこれまで課題になっていたのはパッティングでした。

しかし、昨シーズンは、
課題であったパッティングを見事に克服し、
男女を通じて史上最高額で賞金女王に輝きました。

そんな彼女がパッティング克服のために取り組んでいたものこそが、
この「2秒ルール」だったのです!

2秒しかないからこそのメリット

2秒ルールに取り組むと、
劇的に変わることがあります。

それは、冷静にグリーンを
読むことができるようになることです。

2秒しかないのにどういうこと?と思うかもしれませんが、
2秒しかないからこそ、アドレスに入るまでに、
しっかりとグリーンの状況を確認する癖がつくようになるのです。

ティーショットに比べると
ないがしろにされがちなパッティングですが、
2秒ルールを実践することで、
一打一打を大事にするようになるといってもいいですね。

実際にこの2秒ルールを試してみたら、
もちろん、最初は打ち急ぐようなことにも
なってしまうと思います。

しかし、何度も試していくうちに、
2秒ルールのリズムもつかめるようになるので、
いい意味で無駄なことを考えないで打てるようになるでしょう。

イ・ボミを賞金女王に導いた「2秒ルール」
ぜひ、お試しください!