みなさんゴルフスイングの時、
右手はどのように使っていますか?

世の中には、右手主導のゴルフ理論がありますが、
プロゴルファーのほとんどが左手主導のスイングをしていて、
左手主導のスイングが一般的です。

なので、左手主導のスイングの右手の使い方について、
今回はご紹介いたします。

右手は添えるだけは間違い

左手主導のスイングを習っていると、
右手はほとんど使わないから添えるだけでいい
と聞いたことがあります。

先日も、友人と打ちっぱなしに行った時に、
友人が、ドライバーは全くうまく打てないから
好きじゃないといったので、スイングを見せてもらいました。

すると、過去に右手に力が入って手打ちになったことを指摘され、
右手は添えるだけと教わったことがあるらしく、
ほぼ左手一本で打っている状態でした。

彼は力があるタイプなので、
短いクラブではしっかり振る事ができていたので
全く気がつきませんでした。

しかし、長いクラブになればなるほど、
左手一本では支えきれず、スイングの軌道はガタガタ

それではうまく打てません

右手は添えるだけという表現は、
右手に力が入り過ぎて手打ちになっている人に、
力を抜いてスイングさせるため、極端な表現にしているだけで
実際は違います。

理想としては左手主導なので、右手に力を入れすぎず、
クラブをコントロールできる程度の力は必要となります。

こうした捉え方の違いが原因で上達できない方が非常に多くいます。

正しい右手の使い方

では、実際に右手はどのように使えばいいのかを説明いたします。

まず、クラブを握る際は、
アドレスの姿勢をとって手をだらんと下げて、
そのままの手の形で左手からクラブを握ります。

ここまでは、みなさんご存知ですよね。

次に右手ですが、
まず目標方向に手のひらを向けてください。

その向きのまま左手の人差し指と右手の小指が重なるようにして
クラブを握ります。

これがグリップ時の右手の正しい使い方になります。

では、いよいよスイングに入りますが、
左手主導という事は変りませんので、
基本的には左手の力でクラブを動かします。

しかし、左手だけでは力が足りず、
スイング軌道がブレてしまうと思います。

そのブレを無くすために
支えることが右手の役割になります。

そうなると、少なからず力が必要ですが、
右手には力が入り過ぎることがないので、
手打ちにはならないと思います。

その力加減でスイングすると、
しっかりとボールをミートすることができ
力強いスイングができると思います。

今回は右手の正しい使い方にフォーカスして伝えていますが、
その言葉の意味をしっかりと理解して正しい捉え方をすることが、
上達には大切になってきます。

これは、ゴルフ理論だけに限ったことではありませんが、
弱点を直すために過度に表現されているものも多く存在しますし、
時には全く逆のことを言っている場合もあると思います。

しかし、どの理論も間違っているわけではなく、
その人の状況や捉え方によっては、プラスにもなりますし、
マイナスになってしまうこともあります。

その言葉で何を意識しなければいけないかを読み取り、
取捨選択することができると上達は早くなると思います。

あなたが今取り組んでいる練習は何のためにやるのか、
一度見直してみてください

意外と大切なことに気がつけるかも知れません。