ゴルフには、沢山のクラブがありますが、
苦手と感じる人が多いクラブは、
やはりドライバーではないでしょうか?

特にドライバーで多い悩みは、
スライスしてしまい、真っ直ぐ飛ばない事だと思います。

スライスが起こる原因は、
グリップに原因があったり、スイングに原因があったりと
人それぞれですが、

スライスになってしまっている理由は一つだけです。

その理由を知るだけでも、
スライスにならない工夫をすることができ、
真っ直ぐ打つことができます。

スライスになるたった1つの理由

スライスになる理由は1つしかありません。

スライスになるかならないかは、
フェイスとボールの当たり方が
問題となります。

例えば、
スイング軌道が、飛球線方向に
綺麗に真っ直ぐ振れていたとします。

しかし、
フェイス面がボールに対して少しでも右を向いたまま
ボールに当たってしまうとボールを擦ってしまいます。

するとボールに右回転の力を加えてしまうことになるため、
ボールはスライスします。

今度は、フェイス面がしっかりと飛球線方向を向いて
ボールに当たったとします。

しかし、
スイング軌道がアウトサイドインだったとすると、
やはりボールを擦ってしまうため、
ボールに右回転の力を加えてしまうため、
ボールはスライスします。

どちらもスライスを打ってしまった原因は違いますが、
ボールを擦って右回転を加えてしまっているという
共通の理由があります。

逆を言えば、ボールを擦ることなく当てることができれば、
ボールは真っ直ぐ打つことができます。

では、どのようにして擦らないように打つのかについて説明いたします。

真っ直ぐ打つためには

まず確認していただきたいのは、
スイングしたときにボールに当たるフェイス面の向きです。

フェイスの向きが右方面を向いている方は、
ボールに当たる瞬間にフェースが飛球線方向に向くように
調整してボールを打って見てください。

そうするだけでもスライスはかなりおさえられると思います。

次に、しっかりとフェイス面が
飛球線方向に向いているのにスライスをしてしまう人と
フェイス面を調整してもスライスしてしまう人は、

スイングの軌道をインサイドアウトで
振るように意識して打ってみてください。

これで、スライスはかなり抑えることができると思います。

しかし、タイトルにも入れましたが、
この方法は、あくまでも裏技的な方法です。

その場しのぎにしかならない方法ですし、
続けているとスイングが崩れてしまう可能性もあります。

ですから、今回ご紹介した方法は、
コースを回っている時にスライスが出てしまって
どうにもならない時などに応急的に使ってもらえればと思います。

本当に直したいのであれば、
しっかりとしたスイングを身につけることをオススメいたします。