あなたは、アプローチの際に、
どんなクラブを使いますか?

おそらく、多くの方がウェッジ系のクラブで、
打つことを考えると思います。

しっかりと状況判断をしてウェッジ系のクラブを
選んだのであればいいのですが、
ウェッジ系を使うことに囚われてしまっているとしたら、
それは、アプローチを難しくしてしまっているかもしれません。

そこで、本日は、
スコアアップには欠かせない
アプローチについて掘り下げていきたいと思います。

本日お伝えするアプローチの際に
考えるべきことをおさえていただければ、
コースに出たときも、結果に繋がってくることでしょう。

アプローチを簡単にする考え方

まず、考えていただきたいのは、
より、簡単な方を選ぶということです。

例えば、目標に向かってボールを投げる時、
浮かせて投げるのと、転がして投げるのでは、
どちらの方が簡単でしょうか?

間違いなく転がす方が簡単と答える方が
圧倒的に多いと思います。

ミスが致命的なゴルフでは、
より簡単で確率が良い方を選ぶことが大切なので、
転がすという選択がスコアアップにつながります。

そうすると、アプローチで毎回ウェッジを選択するのは、
堅実な選択とはいえません。

視野を広く持つことがスコアアップへの鍵

先ほどもお伝えしたとおり、
アプローチ=ウェッジ系という考え方は、
ゴルフにとって、とても危険といえます。

ゴルフには、アプローチだから
ウェッジを使わなければいけないという
ルールはありません。

アプローチであっても、
パターや、ウッドも使うこともできますし、
ドライバーを使っても問題ありません。

転がして寄せられるのであれば、
迷わずパターを選択するべきです。

しかし、必ず転がして
寄せられる訳ではないのがゴルフです。

クラブの特徴を把握するとアプローチは簡単になる

次に

例えば、ボールと目標地点の間に、
池、バンカー、深いラフなど、障害があるとします。

そうなると、
転がして寄せることはできなくなってくるので、
そこで始めて、浮かせることが必要となってきます。

浮かせる選択肢は出てきますが、
それでも転がした方が簡単で、
スコアアップにつながることは変わりません。

なので、まず考えていただきたいのは、
どのぐらいの距離を浮かせて越えればいいかということです。

例えば、すぐ手前に、
深いラフがちょこっとだけある場合、
その部分だけ浮かせば、
残りは転がす方が簡単ですよね。

こののように、
少しボールを浮かせたいくらいなら、
フェイスが寝ているユーティリティ(UT)や、
フェアウェイウッド(FW)もオススメです。

まとめ

これまでお伝えしてきたように、
ウェッジ系にこだわらずに、
クラブの特徴をしっかり把握して、
状況に合ったクラブを選ぶことが大切です。

あとは、振り幅で距離を調節して打つことで、
より簡単に寄せることができます。

ゴルフでは、場面ごとで
使うことが指定されているクラブは
原則的にありません。
(グリーン上でドライバーを使うこともできます)

視野を広くもって、
どのクラブを選択すると一番簡単かを考えていくと、
一気にスコアアップできるかもしれません。