バックスピンをかけ、
グリーンでキュッと止めるショットに、
ゴルファーなら誰もが一度は、
憧れたことがあるのではないでしょうか。

プロの様に決まると、
とってもかっこいいですが、
なかなか難しいですよね。

そこで今回は、どうすれば
バックスピンをかけることができるのか
についてご紹介いたします。

バックスピンとは

バックスピンは、名前のとおり、
ボールの飛ぶ方向とは反対にかかる
ボールの回転のことです。

バックスピンのメリットとしては、

  • グリーンに落ちてピタッと止まる
  • 打球の進行方向とは逆向きに戻る

という2つがあります。

また、バックスピンにはデメリットもあり、
バックスピンの回転が強くなればなるほど、
ボールは高く飛ぶという特徴があるため
飛距離は落ちてしまいます。

ですので、グリーン付近からのアプローチの時に
バックスピンを強くかけると有効的です。

バックスピンはかけるものではない

バックスピンがかかる原理をお伝えする前に、
知っておいてほしいことがあります。

大前提として、バックスピンは「かける」ものではなく、
「かかる」ものだということです。

バックスピンは、人のスイングで強弱がつけられるわけではなく、
実は状況に左右されます。

プロは、意図的にバックスピンをかけているのではなく、
かかりやすい状況かどうかを判断して、
状況にあったショットを打っています。

ですので、かかりやすい状況を知ることで、
初心者でもバックスピンをかけやすくなります。

バックスピンがかかりやすい4つの要素

1.ボールとクラブ

スピンがかかる要素の1つが道具です。

バックスピンがかかるには、
スピンしやすいボールとクラブを使う必要があります。

特にボールは、スピン性能の高いボールと
そうではないボールがありますが、
当然、スピン性能の高いボールを使うと
スピンがかかりやすくなります。

2.打つときのコース状況

ボールがある位置が
フェアウェイにあるのかラフにあるのか、
芝目は順目か逆目かによって、
スピンのかかりやすさは変わってきます。

芝の妨げのないフェアウェイから打った方が
スピンはかかりやすいですし、

逆目より順目の方が芝の抵抗が
少ないためかかりやすくなります。

3.風向き
そのほかにも、
風向きでもスピンのかかりやすさは
左右されます。

フォロー(追い風)では、飛距離が伸びますが、
回転方向とは逆になってしまいますので、
バックスピンが弱まってしまいます。

アゲインスト(向かい風)の場合は、
飛距離は落ちてしまいますが、
回転方向に吹くため、
バックスピンは強くなります。

4.クラブの芯でボールの芯を捉らえる
唯一、人のテクニックに左右されるのが、
ボールの芯をクラブの芯で捉えられるか
という部分になります。

しっかりとした、正しいスイングをすることで、
スイングのパワーを効率的にボールに伝えることができ、
スピン量を格段に上げることができます。

最後に

本日お伝えしてきました

  • ボールとクラブ
  • コース状況
  • 風向き
  • クラブの芯でボールの芯を捉える

この4つの要素が揃うと、
バックスピンがかかりやすくなり、
グリーンでキュッと止まる
かっこいいショットを打つことができます。

バックスピンがかかるようになるまでは、
コツを掴むまで少し時間はかかりますが、
マスターできれば、ゴルフ場でひときわ注目をあびるはずです。

本日お伝えしてきた4つの要素が揃ったときは、
かっこいいショットが打てるチャンスですので、
是非、試してみてください。