打つたびにボールがまっすぐ飛ばない・・・

そんな悩みを抱えているゴルファーは、
かなり多いと思います。

特に、初心者ゴルファーの方に
多い悩みではないでしょうか?

「どうしたらまっすぐ打てるようになるだろう」と考えて
色々工夫して練習したり、素振りをされているかと思います。

しかし、
本当にまっすぐ打つことが、
ゴルフで大切なことなのでしょうか?

ゴルフが上手な方はよく、
木があるからフェードボールで狙っていくとか、
ドローボールを打って強いボールで寄せていきたいと
話していることを見かけます。

簡単に言うと曲がる球を打つということです。

ならば、曲がることを活かして、
先に曲げる球をマスターするのも
ありではないかと思います。

曲がる原理を知れば
まっすぐ打つことも可能になると思います。

では、曲げる原理を知っていきましょう。

スライスの打ち方

スライスを打つためには、
フェースを開いたままボールに当てることです。

フェースが開いていることで、
当たった瞬間にボールを擦るため、
右回転がかかり、大きく右に曲げることができます。

そのため、当たる瞬間にフェースが開く形で、
ボールに当てれば、スライスを打つことができます。

フックボールの打ち方

フックボールは、
スライスを打つ原理とは逆になります。

スイングした時にグリップのリストターンを
早く行うことで、フェースがボールにかぶる形で当たるため、
左回転を与えることができます。

そのため、スライス同様回転を与えることで、
大きく曲げることができるようになるのです。

つまり、ボールに当たる瞬間にフェースを閉じて、
ボールに被せる形で当てることで、
フックを打つことが出来ます。

これらの2つの球筋は、
林の中に入ってしまった時などに
木を避けたい時に使います。

フック・スライスを打つときのアドレス

フックやスライスを打つためには、
アドレスが大切になってきます。

スライスはオープンスタンスに構えることで、
打ちやすくなります。

また、フックボールは、
スライスとは逆で、
クローズスタンスに構えます。

クローズで構えることで、
ボールにかぶせやすくなり、
フックボールが打ちやすくなるのです。

肝心のまっすぐ打つため必要なことには

ここまで、スライスや、
フックの打ち方について、
お伝えしてきました。

もうお気づきの方もいると思いますが、
簡単に言うと、今までお伝えしてきた
フック、スライスを打つポイントが、
スイングの時に入ってしまっているので曲がってしまうんです。

逆に言えば、ボールに当たるとき、
しっかりとフェース面が目標方向に向いていれば、
まっすぐ打つことができます。

アドレスはオープンでもクローズでもなく
しっかりと目標方向に向いてアドレスできれば、
曲がりにくくなるということになります。

しかし、多くのゴルファーが、
このアドレスを軽視してしまう方が非常に多いようです。

まとめ

球を自由自在に、曲げたりまっすぐ打つためには、
フェース面がどのようにしてボールに当たっているかを、
知る必要があります。

これは、打った球がまがった方向で知ることができます。

フェース面がどちらを向いているかがわかったら、
まず、アドレスをチェックしてみて下さい。

フックだったらクローズになっていないか、
スライスだったらオープンになっていないか、
ここを確認するだけでも、まっすぐ飛ぶようになる人は、
かなりいると思います。

どうしたらまっすぐ打てるのかを考えるより、
どうなったら曲がるかを考えてみると、
意外とまっすぐ打つための近道になりますので
是非、参考にしてみてください。