ゴルフを初めてある程度上手くなると、
必ずと言っていいほどマイクラブが欲しくなります。

ですが、
マイクラブが欲しいと思ってゴルフショップへ行くと、
種類が沢山ありすぎて、どれを買ったらいいのか
悩んでしまう人は多いと思います。

特にドライバーは、本当に数が多く、
それぞれ特徴が違うため、
その中から自分にあったクラブを探すのは難しいです。

そこで今回は、
ドライバーの種類と特徴を大きく分けて、
お伝えしていきます。

ドライバーの種類

ドライバーの種類は、
大きく分けると2種類になります。

シャローヘッドとディープヘッドになります。

シャローヘッドの形は、
ヘッドが薄く平べったい形をしています。

一般的に、やさしいクラブと呼ばれるクラブは、
この形をしているものが多いです。

ディープヘッドの形は、
厚みがあって丸まった形をしています。

アスリートモデルに多い形で、
男子プロや上級者の方に
使う人が多いです。

大きく分けると、
この2種類の形に分かれていますが、
形が違うのは理由があります。

ドライバーの形は、設計する時に、
ヘッドのどこに重心を持ってくるかで、
変わってきます。

重心の位置は、
ドライバーが打ちやすい弾道に関わってきます。

高い弾道を打ちやすいクラブ

高い弾道を打ちやすいドライバーを作るには、
重心位置が低く、深い設計になるので、
平べったく薄いドライバーになります。

なので、高い弾道の球を打ちたい人は、
シャローヘッドのドライバーを選ぶといいです。

シャローヘッドは、
高く弓なりの弾道でキャリーが出ます。

また、直進性が高く曲がりづらい弾道ですので、
フックやスライスが気になる方は、
こちらがオススメです。

低い弾道を打ちやすいクラブ

逆に低い弾道を打ちやすいドライバーを作るには、
重心が高い位置に来る設計にになるので、
厚みがあって塊感のあるドライバーになります。

なので、低い弾道を打ちたい人は、
ディープヘッドのドライバーを選ぶといいです。

ディープヘッドは、低く風に強い弾道で、
着地した後の転がりも多くなります。

また、操作性が高いので、
強い弾道と制御のしやすさはありますが、
その反面、ミスした時の曲がりは大きくなります。

そのため、上級者の方には操作性の高さで、
選ばれていますが、ミスを減らしたいのであれば、
シャローヘッドをオススメします。

まとめ

シャローヘッドは、

  • とにかくコースで曲がらないドライバーが欲しい
  • 高い弾道で大きなキャリーのあるボールが打ちたい
  • できるだけ真っ直ぐな球が打ちたい

というゴルファーにオススメです。

ディープヘッドは

  • ボールをコントロールしてドローやフェードボールでコースを攻めたい
  • もっとボールコントロールが上手くなりたい
  • ランの出る強いボールが打ちたい

というゴルファーにオススメです。

特に、
コースでとにかくミスしたくないというゴルファーには
シャローヘッドを選んで欲しいです。

だけど、低いボールを打とうとか、
曲げて攻めようと思うと
途端に難しいクラブになってしまうので気を付けてください。

自分の打ちたい弾道と
クラブが持つ得意な弾道が揃って
初めて、その人にとっての打ちやすいクラブになります!

本日は以上となります。