ゴルフをやるからには、
上手くなりたいと思うのは当然のことですよね。

ましてやライバルがいたら、
絶対負けたくないと思いながら
練習されていると思います。

今日はそんな、ライバルに負けたくない方や、
ゴルフが上手になりたい方のために、
ラウンド後にやるだけで、
ライバルに差をつけられる方法をお伝え致します。

ラウンド後が運命の分かれ道

あなたは、ラウンド後に、
練習するとしたらどんな練習をしますか?

よく聞く練習としては、
ラウンドでミスしたところを
徹底して練習してミスを減らすことだと思います。

この練習法は、プロゴルファーや、
シングルプレーヤーもおこなっている練習で、

できなかった事を繰り返し練習して、
できるようになるとても効果的な
練習だと思います。

この時間をしっかり取ることで上達し、
ライバルに差をつけて行くことができます。

しかし、この練習法は、
上級者の方にはとても有効ですが、
初心者の方や100切りはこれからという方には、
適した練習とはいえません。

というのも、
ミスしたところを練習する場合、
上級者の方の場合は、ミスが少ないので、
練習するポイントも少ないです。

しかし、始めたばかりの方や、
これから100切りを目指していく方は、
ラウンドを振り返ればミスばかりだと思います。

沢山ミスをしたラウンドの後、
その全てを練習していくとなると、
数が多いので、とてもすべて練習しきれないですし、
何から手をつけていいのかもわからなくなってしまいます。

それではライバルに差を付けるどころでは
なくなってしまいますよね。

では、どんな練習をしたら、
ライバルに差をつけられるのでしょうか?

ライバルに差をつけるためには

先ほどもお伝えしたとおり、
時間をかけて1つ1つミスを減らしていけば、
いずれは上達していきます。

ただ、この練習は、
見直すことが多い初心者の方からしたら非効率的ですし、
多くの方が実践している練習法なので、
ライバルの方と差をつけることはできません。

そこで、
少し考え方を変えてみてください。

ゴルフは、ミスを減らせば、
上達をしていくことができるものです。

ミスを減らすということは、
できないものをできるようにする
ということを考えがちですが、

できることを確実にできるようにする
ということにも目を向けてみてください。

一度も成功したことがないものをできるようにするよりも、
一度できたものの精度を上げていくことの方が
はるかに簡単にだといえます。

例えば、初心者の人でも、
100打以上打てば、何球かは、
ナイスショットが出ると思います。

そのナイスショットをしたときのクラブや状況を覚えておき、
ラウンド終了後に繰り返し練習し、
確実に打てるようにすることで、自分の得意なことを増やし、
ミスをする確率を減らしていくことができます。

この方法であれば、
次にライバルとラウンドをする時には、
あなたには、絶対的自信がある武器を
持った状態でラウンドできるわけです。

ライバルは、できなかったものを練習して、
10回中6回成功するぐらいになっていても、
あなたには100%確実に打つことができる武器があります。

その100%の武器を中心にコース攻略を組み立てれば、
結果は目に見えてついてくるでしょう。

こうしてできるものを増やすことを繰り返すことで、
練習量が例え同じでも、
ライバルに差をつけながら上達していくことができます。

また、得意なジャンルを伸ばしていくことで、
練習する項目も明確になっているので、
効率的に上達することができます。

まとめ

本日の記事はいかがだったでしょうか?

考え方一つで、
ゴルフは大きく成長することも、
ライバルに差をつけることもできます。

まずは、自分の実力を見定めて、
確実にできることを増やしていく方がいいのか、
できないものをできるようにしていく方がいいのかを
しっかりと判断してみてください。

本日お伝えした練習法を実践いただければ、
ライバルに差をつけて100切りを達成出来る日は
もう、すぐそこまで来ているかもしれません。