最近、ラウンドしていると、
結構目に入ってくるのが、
ロストボールと思われるボール!

先日ハーフで回った時には、
9ホールで,なんと25個もみつけました・・・!

もしかして、
スコアを悪くしてる原因には
ロストボールが入るのでは??

と思ってしまう日でした。

ロストボールの中には、
凄くナイスショットだったのではと思われる程、
コースのど真ん中に残されたボールもいくつかありました。

せっかくナイスショットを打っていても、
見つけることができず、ロストボールになってしまうと、
とても勿体ないですよね!

そこで今回は、
状況に応じた見やすいカラーは何色かについて、
お伝えして行きたいと思います。

以前にも、
【カラーボール】見やすい色でロストボール対策で、
季節によって見やすいカラーや単純に目立つボールのカラーについてお伝えしているので、
こちらもご覧になってみてください。

ボールのカラーと特徴

現在、ゴルフボールのカラーは様々なカラーがあり、
1つのカラーの中でも淡い色から濃いものまであるので、
選ぶだけでもひと苦労だと思います。

あなたはどのように
ボールのカラーを選んでいますか?

選ぶ基準は人それぞれだと思いますし、
季節によって見やすい傾向や目立つカラーはありますが、
一概にこの色が見やすいとは言えないのが厄介です。

そこで、
カラーの特徴とカラーごとに見やすい状況をお伝えできればと思います。

ピンク

女性に最も人気の色といえば、
ピンクのゴルフボールですね。

ピンクは、ボールが軽く見えるだけでなく、
ボールが大きく見えるという視覚効果があります。

また、
グリーンとの相性は良いので、
とても見やすいです。

ピンクを選ぶ際の注意点としては、
色の濃さに気お付けてください。

あまり薄いものですと、
ピンクの特徴がなくなり、
発見しにくくなってしまいますし、

濃すぎても発見しにくくなってしまいます。

オレンジ

オレンジは、とても見やすく存在感があるので、
とても発見しやすいです。

打った後も目で追うことも難しくない色なので、
かなりオススメです。

しかし、
秋などの紅葉した枯葉が多い季節には、
同化してしまい発見しにくくなりますので、
注意が必要です。

イエロー

イエローは一見、芝に溶け込んでしまいそうに思いますが、
芝との相性は抜群に良く、とても見やすいカラーです。

ナイターゴルフでも、照明があたり、打った瞬間から、
着地点まで、しっかりと目で追えるので、
とても優秀です。

しかし、こちらもオレンジと同様に、
秋の芝が枯れる時期には、見えにくくなってしまいます。

また、逆行の際は見えにくいので、
注意が必要です。

白はオーソドックスなだけあって、
基本的に見やすいので、
すぐに見つけることができる色です。

しかし、
曇りの日は、打った瞬間から見失うことがあるぐらい、
雲と同化してしまい見えにくくなります。

曇りの日は見失い安いので注意が必要です。

グリーン

グリーンは、言わなくてもわかると思いますが、
芝との相性はとても悪く、同化してしまい、
とても見えにくいです。

どうしても使用したい場合は、
色の濃さに気お付けていただき、
なるべく薄い色を選ぶことで、
発見しやすさも多少上がるかと思います。

唯一の利点としては、
他のプレーヤーのボールとの違いを出したい方には、
オススメのカラーとなります。

最後に

あなたの好きな色のカラーの特徴は、
いかがだったでしょうか?

それぞれのカラーに、見やすい特徴と、
見えにくくなる状況が存在します。

何種類かのカラーボールを持っていき、
状況に応じて、カラーを変えることで、
発見しやすくすることができるので、
ぜひ、参考にしていただければと思います。

ですが、
どんなに見やすいボールを使っても、
スライスやラフといったミスショットで、
深すぎるラフや、森や林に入ってしまっては、
見つけることは困難になってしまいます。

しっかりと真っ直ぐに狙ったところへ打つことができれば、
ボールのカラーや特徴を気にすることなくプレーを楽しむことが、
できるかと思います。

狙ったところへまっすぐ打てるようになりたい方は、
ぜひ、この下の無料動画レッスンに登録してみてください。

↓ ↓ ↓