皆さんは、ゴルフで、
ボールを打った時、隣のホールに
飛んでいたときに、よくキャディーさんが

「ファー」

と言っていますよね。

でも実はこれ、
「ファー」では無いんです。

「far(ファー)」だと、遠くへという意味になってしまい、
ボールが遠くに行ったぞとなります。

知らずに「ファー」と言っている人もいるのですが、
本当は「fore(フォアー)」と言っているんです。

「フォアー」は、前方・全面の意味なので、
前にボールがいくぞ、危ないになるそうです。

意外と知らない人が多いです。

ゴルフ場の怪我で多いのがフォアーの打球となっているので、
「やってしまった!!」と思ったら「フォアー」と叫ぶクセをつけ、
怪我なく楽しいゴルフにみんなでしていきましょう。