先日、ゴルフのペナルティについて
お伝えしたのを覚えていますか?

ペナルティについての記事はこちら
http://golf-log.com/uncategorized/773/

ペナルティは言うまでもなく、
初心者の方ほど犯しやすいものです。

しかし、先日世界最高峰の場でも
まさかのペナルティが起こってしまったのです・・・!

舞台は、全米女子オープン最終日。
世界でも一握りのトッププロのみが集うこの大会。
まさに、世界一の女子プロを決める場といっても過言ではありません。

この日、優勝を争ったのは、
4位から出た地元アメリカのブリタニー・ラングと、
15位から「67」をマークしたスウェーデンのアンナ・ノルドクビスト。

試合は18ホール戦い抜いて、
通算6アンダーで並び決着がつかず、
プレーオフに突入することになりました。

しかし、そこでまさかの出来事が・・・!

プレーオフ2ホール目の17番、
ノルドクビストのバンカーからの2打目の際、
事件は起こりました・・・

なんと、ノルドクビストがアイアンのヘッドを
地面にソールさせてしまったのです!

▼ノルドクビストのペナルティーはこちら

これで、2打のペナルティーを
与えられることになってしまいました。

これに動揺したノルドクビストは、その後の短いパーパットも外して
これで完全に勝敗が決してしまいました。

世界最高峰の選手でも、
このような初歩的なミスが起こってしまうということで、
改めてゴルフの恐ろしさを思い知らされる出来事でした。

おそらく、プレーオフまで戦い抜き、
ノルドクビストの集中力は切れてしまったため
起こってしまったミスだと思いますが、
あなたもこのようなミスを起こさないよう注意しましょう。