ビジネスゾーンとは?
ゴルフには、
ビジネスゾーンと呼ばれる範囲があります。

それは、アドレスを取った時に、
クラブが視界に入る範囲のことを言います。

この範囲をマスターすると、
プロで仕事ができるという意味で、
ビジネスゾーンと呼ばれているそうです。

それは大袈裟なのではと
思ったかたもいるかもしれませんが、
実は、そこまで言われる理由がちゃんとあるんです。

ビジネスゾーンには、
ゴルフの基礎となるチェックポイントが
沢山詰まっています。

例えば、
常に意識が必要な両腕と肩の三角ラインや、
手首の角度など、中級者の方が忘れがちなポイントが
多くあります。

スコアー100をなかなか切れない人は、
このゾーンをもう一度見直してみると、
いいかもしれません。

ビジネスゾーンのスイングを極める!!
golf_picture_6_168176
ビジネスゾーンの中でも、
腕のラインを三角形に保つことを
苦手な人は多いと思います。

そんな方は、振り子のように
クラブを動かす練習法がオススメです。

腰から腰までの高さで
ハーフスイングを繰り返します。

この時に、
肘が曲がらないようにスイングすることが
大切になってきます。

鏡などがあれば鏡を見ながら、
振り子のように動かすことで、
自然と三角系が身につきます。

正確性が増す!
tensionfreegolf-849x400
腕の三角形ができるようになると、
スイングが安定します。

そのため、ショットが安定し、
スライスやフックなどの悩みからも解消され
正確性がでてきます。

正確に打てるようになると、
真芯に当たるようになるため
飛距離アップも期待できるようになります。

さらに、
左脇を締めるイメージを持ってスイングすることで、
ボールにパワーが伝わるので、
更なる飛距離アップができるかも知れません。

このビジネスゾーンをマスターして、
飛躍的に上達して周りを
驚かせて見てはいかがでしょうか?