ゴルフ初心者がラウンドデビューする際に
準備するべき道具についてご紹介したいと思います。

必須アイテムだけでなくあると便利なものも
含めてご紹介していきますので、
初心者の方に参考にしてもらえると嬉しいです。

ラウンドするまでに用意するものは、
大きく分けて3つあり、
ゴルフクラブ・ゴルフウェアー・ラウンド小物です。

それぞれ順番にご紹介していきますね。

ゴルフクラブ

ウッド

ウッドは、遠くに飛ばしたいときに使うクラブです。

主にティーショット(1打目)に使うドライバーと、
2打目以降に使うフェアウェーウッドに分けられます。

オススメのセットは、
ドライバー・5W・7Wです。

5W・7Wは、地面から使っても、
ミスしにくく、ボールも上がりやすいので、
初心者の方にオススメといえます。

アイアン

アイアンは狙ったところに打つクラブで、
3番~9番まで数字で分類され、9番以降は、
PW(ピッチングウェッジ)、AW(アプローチウェッジ)、
SW(サンドウェッジ)と呼ばれます。

初心者の方は、5番~9番とPW、AW、SWの
8本がオススメです。

パター

パターは、グリーン上からカップに入れる時に使います。
パターは1本あれば問題ありません。

キャディーバック

キャディーバックは、
ゴルフクラブを収納して運ぶバックです。

好きなブランド、デザインのものを選んで下さい。

ゴルフウェアー

ゴルフ場によって、
ドレスコードが決められています。

自分が行くゴルフ場のドレスコードを
調べてみてください。

大体のゴルフ場で問題なく使えるウェアーは、
トップすはポロシャツ、
ボトムスは、チノパンなどで大丈夫です。

ラウンド小物

ゴルフボール

初心者の方はボールをなくしてしまう可能性があります。
最低でも1ダース(12個)ぐらいは用意した方がいいと思います。

ゴルフグローブ

グローブは、大きく分けて、
革製のものと人口革の2種類があります。

革製はフィットしますが、雨に弱く
壊れやすいです。

人口革は、壊れにくいですが、
フィット感にかけます。

ティー

木製のものや、プラスチック製のものなど
種類が沢山ありますが、どれでも大丈夫です。

ロングとショートがありますが、
両方とも18本ずつあるといいです。

マーカー

グリーン上でボールをマークするためのものです。

場所によってはゴルフ場で配布しているゴルフ場もありますが、
持って行った方が確実です。

グリーンフォーク

グリーンに残ったピッチマークを修正するときに使います。

鉄製のものやプラスチック製のものがありますが、
どちらを使っても大丈夫です。

以上の道具を準備しておけば、
問題なく回ることができると思います。

また、回りって行くうちに、
必要に感じる道具も出てくると思うので、
そのたびに追加していくといいと思います。

それでは、
ラウンドデビューを楽しんできてくださいね。