打ちっぱなしで打つと上手に打てるのに
コースに出ると全然ダメなんて経験をしている人は
多いのではないでしょうか?

打ちっぱなしで、沢山練習し、
ちゃんと打てるようになって
いざコースに出てみると、

シャンクしたり、トップしたり、
酷い時には空振りしたり・・・

これ全部私のことです・・・( ̄▽ ̄;)!!ガーン

しかし、この悩みは、
多くのゴルフ仲間からも聞きます。

なぜ、打ちっぱなしでできて、
コースでできないのか
その答えをベテランの先輩に
教えていただきました。

簡単に言うと、打ちっぱなしとコースは
別物だからだそうです。

まず、コースは芝で打ちっぱなしはマットであること、
コースには傾斜があるが、打ちっぱなしは平らであること、
ラフの有無など、沢山の違いがあります。

何より大きいのは、
コースは一発しか打てないのに、
打ちっぱなしは同じとこから何発も打てる。

確かにここまで聞くと
似て非なるスポーツにも感じられます。

先輩はそれに気がついてからは、
打ちっぱなしには行かず
コースを回るお金に回したそうです。

それを聞いた私も、
それを実践することにしました。

最初は、ダメダメでしたが、
徐々にスコアーが縮まり、
今では、普通に打てるようになりました。

練習のための練習よりも、
実践あるのみということを痛感しました。

あなたもコースで上手くいかないと感じているなら、
打ちっぱなしでの練習を控えて、
その分コースを回ってはいかがでしょうか?