ゴルフをするのに快適な時期は春と秋です。

逆に夏と冬は、まったくゴルフをしないという人もいるぐらい
季節に左右されるスポーツです。

しかし、
逆に言えば、夏こそ穴場であり、
安くプレイすることができるので、
初心者ゴルファーには、とっても良い時期なんです。

そこで、
暑さ対策や紫外線対策になる
ゴルフ時の服装をご紹介いたします。

インナーは必須

ゴルフでは、夏であっても
インナーを着ることをオススメします。

ゴルフのインナーは、夏用の場合には、
殆どが、吸汗速乾性があるもので、
実は着用している方が暑く感じません。

速乾性があるので、ポロシャツを着替える必要もなく、
快適にプレーすることができます。

また、メッシュになっているものは、通気性がいいですし、
ストレッチ素材ですので動きやすく、
スイングが安定しやすくなります。

日焼けが気になる女性は、長袖のインナーを着用すると、
日焼け対策にもなります。

シャツも速乾性が大事

シャツも速乾性が高いポリエステル系の
メッシュタイプのほうが、暑さを軽減できます。

UV加工も施されているので、日焼けを防ぐことにも役立ちます。

ゴルフは、服装に厳しいスポーツというイメージがありますが、
最近では、そこまで厳しいところは、そこまで多くありません。

ある程度決められた範囲内で自由に服装を選べるので、
おしゃれに暑さ対策をすることもできます。

パンツはハーフパンツで暑さ対策

ゴルフ場によっては、
夏場はハーフパンツの着用が許されているゴルフ場もあります。

そういうときには、ハーフパンツで暑さ対策をするといいです。

ただし、ソックスは膝下まであるタイプといわれる場所もあります。

小物類も忘れずに

夏のゴルフでは、紫外線対策も重要になってきます。
サングラスを着用し、紫外線を浴びないようにすることでも、
疲労度は大きく違ってきます。

帽子はサンバイザーかキャップになりますが、
紫外線対策という意味では、キャップをオススメします。

他には、日焼け止めなどを用意していくといいと思います。

夏場のゴルフでは、熱中症対策も大切になってくるので、
水分をこまめに取るよう心がけて、
楽しくプレーしてください。