ゴルフに慣れてくると、
いいクラブ、いいボールがほしくなるものです。

クラブやボールを新調してゴキゲンでプレーしていたら、
せっかく買ったボールが林のなかへ・・・

新しいボールだからなくしたくないと思い、
あなたはロストボールを探しに林の中へ入りました。

と、ここで一つ注意が必要です。

それは、スロープレーにならないようにすることです。

実は、スロープレーになる原因として
最も時間がかかるのが、
こういったロストボール探しなのです。

では、具体的にどれくらいの時間で
ロストボールを探さなくてはならないのでしょう?

ロストボール探しのタイムリミット

どんな高価なボールでも、どんなに思いいれのあるボールでも
いつまでもロストボールを探していることは、
スロープレーの原因となるためよくありません。

そのため、ロストボールは5分探して見つからなければ
大人しくあきらめましょう。

OBになる可能性の高い初心者のうちは、
あまり高価なボールは使わず、
なくしてしまってもいいものを使うことをおすすめします。

5分経ったあとはどうすればいいの?

5分経っても見つからない場合は、
ロストボールを宣言します。

日本のゴルフ場の場合は、
特有のローカルルールとして、
「プレーイング4」という
前進2打罰を設定しているところが多いです。

ティーショットでロストボールとなったら、
前方にある特設ティーより、
合計4打(2打罰)でプレーすることができます。

実は、これが設けられているのも、
すぐにプレーが再開できるようにして
スロープレーを防止するためなのです。

プレーイング4が設定されていないゴルフ場では、
ティーショットとして暫定球を打つことになります。

その場合は、暫定球は、ロストボールの1打罰に加えて、
打ち直しの1打罰で3打ということになります。

つまり、OBで打ち直しをしたのと結果的には同じことになります。

ロストボールに備える

ロストボールは初心者のうちは、
誰にでもあることです。

そのため、プレーしていると
どうしても出てしまうものだと割り切りましょう。

大切なのは、ロストボールとなっても
切り替えて素早いプレーができることです。

ですから、あらかじめ
ボールは多めに持ってプレーするようにしましょう。

初心者のうちは、
最低でも5個から10個はゴルフバッグのなかに
いれておくことをおすすめいたします。

ルールを守って気持ちよくプレーしていきましょう!