私は、アベレージゴルファーです。

そこそこ自信がつき、
大体狙ったところへ打てるようになった私ですが、
1つ大きな悩みがあります。

それは、メンタルが弱いということです。

ゴルフは、メンタルのスポーツとは、
よく言ったもので、つくづく実感させられて来ました。

いつもの慣れているコースや、プレッシャーがない
ショットは問題なく打つことができるのですが、
はじめて行くコースやプレッシャーのかかる場面で、

私はことごとくミスをしてしまいます。

パー3の池越えのコースでは、
普通に打てば問題なくクリアできるのに、
なぜか手が縮こまって池ポチャしたり、

仲のいいライバルとも呼べる友人と競っているときに、
1メートルのパターを外してしまうなど、
臆病風に吹かれたプレーになってしまうんです。

「いつもならできるのに・・・」

そう思ったとき、
フッと思いました。

「いつもってなんだ?」

良いショットをしよう
ここは絶対外せない

自分をよく見せようとしたり、
完璧なショットをしようとしている時に
いつもミスしていることに気付きました。

そう、プレッシャーのかかるショットになればなるほど、
いつもとはまったく異なった考え方をして、
異なった動きをしながら、いつも通り動こうとしていたのです。

それでは上手くいかないのも当たり前です。

それに気がついてからは、
プレッシャーのかかるショットでは、
ミスしてもいいから楽しもうと思うようにしました。

すると今までのことが嘘のように、
プレッシャーのかかる場面でも、
ミスが出なくなりました。

ちょっとした切っ掛けで、
こんなにも変わるとは、
やはりゴルフは面白いと改めて実感しました。