ゴルフは、バブル経済の絶頂期に、
多くの営業マンの営業ツールでした。

しかし、最近では、
若者のゴルフへの関心は減ってきていて、
接待ゴルフと聞いても、若者は興味ないと答えます。

しかし、接待ゴルフには、
沢山のメリットがあります。

接待ゴルフは営業に有利

接待ゴルフで何よりも大きいメリットとしては、
人との距離を縮められることです。

ランチやラウンド後の懇親会も含め、
長時間フランクに話す機会ができるので、
信頼関係を築きやすいんです。

それだけではなく、
他にもメリットがあります。

1.なかなか会えない人と話ができる

なかなか会うことが難しい経営者や重役クラスの人は、
ゴルフを趣味としている人が多いです。

普通の交流会では出てこない人でも、
ゴルフなら参加する人も多いです。

2.取引先や営業先の情報が聞ける

接待ゴルフでは、共有する時間が長いので、
深い話しができます。

本来なら聞くことができない情報を
聞くことができるチャンスもあるので、
情報収集に役立ちます。

3.新たな営業先の紹介チャンスがある

ゴルフを趣味にすることで、
共通の話題が作れるので、新規を開拓しやすくなったり、
ゴルフを通じて紹介してもらえるチャンスが広がります。

などなど他にも沢山のメリットがあります。

ゴルフと聞いただけで食わず嫌いをしてしまっている、
若い営業マンの人は、せっかくのチャンスを
逃してしまっているかもしれません。

これを機に、
ゴルフを始めて、
仕事に役立ててみてください。