ゴルフ場に行くと、
ほとんどのゴルフ場に練習スペースが
設置してあります。

しかし、
この練習スペース、名前通りに練習してしまうと
大変なことになってしまいます。

「練習スペースなのに練習してはいけないってどういう事?」
と思われている方も多いかと思いますが、

簡単に言うと、
スイングを治そうとか、上達しようと考えて
利用するものではないということです。

ラウンド前に早く着いた時に、利用する人が多いと思いますが、
目的は、「ウォーミングアップ」と
「今日の球筋確認」に留めておくことです。

「ウォーミングアップ」は当然ながら、
運動をするための準備で、スムーズにスイングする感覚を
思い出すために行います。

そして「球筋の確認」これが問題になります。
例えば、打った球が、スライス気味に飛んだとします。
そうすると慌ててその場で何とかしようとしてしまうものです。

「ヤバイ、スライスしてる」と思った時点で、
あなたは焦っています。

冷静に考えれば、
短時間でスイングを治すことができませんが、
しかし、焦っているので治そうとしてしまいます。

だいたいアイアンはそこそこで、
ドライバーがダメというパターンが
多いのではないかと思います。

仮に、その場で、ドライバーに合わせて治したとします。

ドライバーは良くなってもアイアンがダメになったり、
最悪両方ともダメになって、
ラウンドは目も当てられないことにもなりかねないのです。

なので、そんな時は潔く諦め、
スライスしているなら目標の取り方を変えればいいんです。

練習スペースでは「ウォーミングアップ」と
「球筋の確認」だけにして、
練習はしないことをオススメします。

目標の取り方を変えることができれば、
ラウンド前に練習場に言った意味がある
といえるでしょう。