こんにちは。
PGAティーチングプロの久田です。

少し春の兆しが見えてきましたが、
まだ寒い日が続きますね。

寒い日が続くと、なかなか練習ができず、
腕が鈍ってしまいがちです。

冬場に練習ができずに、
春先に久々にコースに出たらスコアを大きく落としてしまった
なんて経験がある方も多いでしょう。

しかし、寒いなか打ちっぱなしに行かなくても、
自宅でできる練習はたくさんあります。

そこで、今回は、
寒い日でも自宅でできる練習をご紹介します。

ぜひ、今回お伝えしていく練習を実践いただき、
春先のラウンドでゴルフ仲間を驚かせましょう。

今回のテーマは「パッティング」です。

実は、寒い日の練習で特に辛いのが
パッティング練習です。

体を大きく動かすドライバーであれば、
寒いなかでもそのうち体が温まってくるでしょう。

しかし、パッティングは、
寒いなかじっと立ち止まり距離を読み、
そして動作も小さいので、
寒い日には、特に敬遠されがちです。

そもそも考えてみると、それ以前に、
アマチュアゴルファーの方がゴルフ場以外で
パッティングの練習をする機会は少ないと思います。

練習場に行っても気持ちよく打てる
ドライバーばかり練習していませんか?

今回お伝えしていく方法は、
ご自宅でもできるので練習場に
行けないときこそ、うってつけです。

自宅でパッティング練習をするにあたって、
まず用意していただきたいものは、
パターマットです。

パターマットの練習といえば、
ひたすらカップに入れる練習を
イメージされるかもしれませんね。

もちろん、それも大切ですが、
ラウンド感が鈍っている冬場だからこそ、
他にすべき練習があります。

それは、距離感をつかむ練習です。

パッティングで大切な要素の一つに距離感があり、
普段から練習する必要があると私は考えています。

そもそもゴルフはカップにボールを入れる競技です。

ですから、どんなにティーショットや
アプローチがうまくいっても、
最終的にカップに入らなければ意味はありません。

パーオンするまではうまいこといって、
いよいよこれを決めればパーセーブという状況で、
最後のパットが決まらず、結局ダボやトリとなってしまった
という経験もあるでしょう。

もちろん、パットが決まらない理由は、
プレッシャーによるものやラインを読めなかったこともあると思いますが、
それ以前に距離感を正しく読めていなければ決まりません。

では、距離感をつかむために、
自宅でパターマットを使ってどう練習するのかお話していきます。

パターマットのない方はじゅうたんの上でも大丈夫ですので、
まずは試してみてください。

ここで練習していただきたいのは、
目標の手前でボールを止めるということです。

パターマットですと、カップには入れず、
カップの手間ギリギリでボールを止めてみてください。

じゅうたんの場合は、
まずは、ご自身でボールを止める位置に
もう一つボールなどを置いて目標を決めてください。

そして、あとは同様に、
目標物のボールの手前でボールを止める練習となります。

一見、非常にシンプルな練習に見えますが、
繰り返しこの練習を行うことにより、
確実に距離感をつかむことができるようになるでしょう。

今回お伝えしたようにゴルフには、
寒いなかでもできる練習はたくさんあります。

ぜひ、寒いこの時期にはこのような練習を実践いただき、
パッティングの技術を高めていってくださいね。

この練習に取り組んでいただき、
皆さんから「上達した」との声をいただくのを
楽しみにしています。
(ぜひ、下のコメント欄からコメントください!)

本日は以上となります。
最後までお読みいただきありがとうございましたm(__)m

また、私が教えている、
100切りするためのレッスンDVDでは、
さらに詳しくパターについてお伝えしていますので、
チェックしてみてください。